卒園おめでとう♪

Photo_2 3月18日は大工さん仕事の最終日と息子の卒園式でした。 (左端が息子dog
Photo_4はなが2歳の誕生日を迎えたちょうど一週間後、予定よりも一ヶ月以上早く息子が誕生しました。その頃は今日という日を想像できなかったけど、こうして人生のページは確実にめくられていくんだね。まだまだあどけない顔をした子供達を見ながらそんな想いが心をよぎり胸につまるものがありました・・・。

1_3 妊婦と黒ラブのペアは随分と周りから心配されたよね。でもちゃんと私の歩調に合わせて歩いてくれるから安心だった。大きいお腹が邪魔でう○ちを拾うのが一苦労だったけどsweat01

Photo_6カランコロンと大きな音がする「起き上がりこぼし」に戦いを挑んだこともあったよね。今まで殆ど吠えたことのないはなのあまりの剣幕が可笑しくて、笑いを堪えてビデオに撮ったっけ。そしたらいたく傷ついて、あんなに食いしん坊なのに一日中部屋の隅っこに丸まって一口もご飯を食べなかったよね。すごく心配して息子を夫の母に預け「心の傷を癒す旅sweat01」に出かけたことも今となっては懐かしいconfident
どうやら春を運んでくる雨は、一緒に懐かしい記憶も運んでくるようです。
Line21_2
Photo ロフトへの階段兼本棚に手摺りがつきましたhappy01 宮大工のお父様を持つ大工さんが主に作業して下さったのですが、とても繊細で心のこもった手仕事が随所に感じられる家になりました。

たくさんの方に支えられて、私達家族の毎日があるのだなぁとしみじみ思う、ちょっぴり寒い春の夜です。
お預かり先でマダ~ムな生活を送っているはなと合宿気分(?)を満喫しているすずのお迎えまで少し先が見えてきたかな・・・winkshine

| | コメント (4)

段々と・・・☆

春が近づくにつれて、段々と毎日が慌ただしくなって来ています。
息子の卒園に向けての行事や小学校の入学準備に急かされて、なんとなく気分が落ち着きません。息子と一緒に私も早く小学校に慣れた方が何かといいかなぁと思い、気が付いたらPTAの役員になっていましたsweat01 
そんな中、家造りも佳境に入りつつあります。Bookshelf

2階からロフトへ上がる本棚兼階段が姿を現しましたshine下2段はボックス型の引き出しになる予定。上は可動棚式の本箱になります。
Bookshelf2当初、手摺りは壁側に付ける予定だったのですが、階段の巾が狭いため、大工さん達と相談して外側に付けることにしました。現場で「こうする?ああする?」と知恵を出し合うのは結構楽しかったりしてwink今日の案だと災い転じて格好良くなるはずなんだけど、さてどうなることでしょう・・・。

Bathroom
Photo_3 普通の家にない(正確には必要ないsweat01)場所で、ちょっと工夫した所がはなすずのバスルーム。奥右側にもドアがあり、玄関からシューズクローク経由で入れるようになっています。手前左側にう○ちを流す汚物流し、左奥にシャンプー台が設置されます。家にいる時はこの部屋をトイレとしても使う予定です。はなすずは外出前にトイレを済ます事が多いのでトイレの問題は我が家にとって大きな課題でした。タイルはINAXの物で大浴場等にも使用しているとても滑りにくいタイプの物です。とにかく何でも出来る限り「滑りにくい」を第一条件に選びました。ショールームでも夫婦揃って「滑らない?」と唱えながら床に並べて貰ったタイルを片っ端からこすっている姿はちょっとヘンだったかもcoldsweats01
Photo_2 厳しかった今年の冬の寒さはリハビリ中のはなの体にはこたえているようです。いつも庭の草花が一斉に芽吹く春が待ち遠しいけれど、今年の春は特に待ち遠しい・・・。土の下で暖かい季節を待っている花達と一緒にはなの元気も早く芽を出しますようにbud焦らずゆっくり一歩ずつ進もうね。出来ることはなんでもするからねっgoodshine

| | コメント (4)

☆階段☆

久し振りに家の様子のご紹介・・・。
毎日変化があるので「おぉ~」と驚いていると一週間が早いですcoldsweats01
その中でもお気に入りの場所が階段ですgoodshineCome_on_in
玄関から見たところ。(実際には玄関ホールとリビングの間にガラス入りのドアがつきます。ガラスをクリアにするか悩み中sweat01

Up_the_stairs 最初の何段かを幅広にしました。
ベンチ代わりに座ってもいい感じです。ここに座ると庭がよく見えるので私の「長電話スポット」になるかも・・・telephoneshine

Down_the_stairs
2階から下を見下ろした所。
今までの家の階段が少し急だったので上りやすく感じます。・・・と言うことは今までの階段でも一段飛ばして上っていたすずにはお茶の子さいさいでしょうcoldsweats01ガードの設置、必須です。

この階段は大工さんが「家の設計図を貰った時から一番の楽しみしていた」と言ってくれた所です。お気に入りの場所になりそうですheart04

| | コメント (5)

☆階段☆

Photo_4 設計図から想像するしかなかった所が次々と立体化されていくので面白いです。
今週は特に楽しみにしていた階段が姿を現しました(^o^)子柱や手すりも搬入済みです。現場で大工さんや設計士さん達と「子柱こんな感じに付ける?それとも・・・」なんてあれこれ相談していると自分も家造りに参加している気持ちになって楽しいです♪

大工さん達を見ていると本当に「プロだなぁ」と感じます。私には設計図を穴があくほど見つめても、それを頭の中で3次元化する作業は本当に難しい。
色々な物の位置や高さなどは現場で確認してみると平面図で想像していたのと雰囲気が違うことがままあります。そんな時「こうしたらどうなるだろう」という提案に対して、端材などでチャッチャと「こんな感じになりますね~」と想像しやすい様に仮の物を作ってくれます。頼りになります(*^_^*)

Photo_5 もう一つ楽しみにしていたのが玄関框。私達は無難なベージュ系を選んでいたのですが、施工会社のコーディネーターさんが「せっかくですから(^_-)」とこんな色の物を勧めてくれました。玄関ホールのアクセントになってくれそうです♪

框と言えば、当初はフラットな玄関を目指して土間と床の高低差を「3㎝」にしていました。が、ある日車の中で聞いていたJ-waveで[「どんだけ~」のIkkoさんが「わたくしの家の玄関框はこだわりの5.5㎝よ!」と声高らかに言っていました。なんでも余り低いと体が「段差」として認識しにくく、うっかりつまずくことがあるらしいのです。帰宅後、速攻で設計士さんに電話したとっても単純な私達夫婦です(^_^;)

☆今日のおまけ☆
Photo_3我が家の(というか夫の)大切な家族の一員、ヘラクレス君がますます大きくなってきました。
8匹の幼虫たちは仮住まいの中で場所を取っているだけあって、元気に育っています。今年中にはサナギになるかな?

| | コメント (2)

☆床はオーク材☆

Photo
楽しみにしていた床張りがスタートしました。巾が16㎝のオーク(ナラ)材です。乱尺と言って長さにばらつきがあるのですが、それがまたいい味を出しています(^_-)木の節目がハッキリしている物も含まれています。全体のバランスをみて大工さん達が並べていってくれます。

Photo_2 写真に写っているようなある程度の厚さがある紙で一定間隔で僅かなスペースをとっています。
天然木なので収縮が起きるため、いわゆる「逃げ」を作っておくそうです。この上に天然塗料「リボス」でやや濃いめのブラウンに塗装します。なかなか色が入っていかない木材なので木目や節ははっきりと見えると思います(^o^)

Photo_5 しか~し、この上をお風呂マットが占領するハメになるんだけどね~(T_T)。でも、いいの。トリプル仲間が「床を保護していると思えばいいじゃない♪」と慰めてくれたので前向きな気持ちでどんどん敷き詰めるわよ~(^_^;)Photo_3

かわいいはなすずの為、追加のお風呂マットを買い占めに行かねば・・・。お店の方はきっと不思議に思うのでしょうね(^_^;)「こんな大量にどうするんだろう??」って(笑)

| | コメント (12)

☆家らしくなってきました☆

先週末に撮った写真をのんびりと加工していたら、この一週間で随分と工事が進んでいました。だいぶ、様子が変わったのでやり直しです(^_-)
0120

外観の下地がはり終わりました。塗り壁部分は「ジョリパッド / ニチハモエン工法(アイボリー系) 」、タイルはINAXの「はるかべくん細割ボーダー(グレー系)」で仕上げます。
Photo
玄関ドアが設置されました。(広角レンズで撮っているので実際より広めに写っています)
玄関ホールからはシューズクロークへと続いています。ここに靴やコート類など外出時に使う物をしまえる様になっています。
シューズクロークの奥には「マッドルーム」を設けました。ここは防水加工をし水が流せる様にしてあります。はなすず用のシャンプー台、Photo ウ○チを流す「汚物流し」を設置します。(実際には上部にタンクがつきます。)玄関経由でも室内からでも入れるようになっています。できればここでトイレをしてくれる様になるといいなぁと思っていますが、果たして上手くいくかどうか・・・(^^;)
すずは外出前にトイレを済ます様に教えた為、散歩中にトイレをしません。旅行先などでして欲しい時には「シーシーして。プップして」と促さないとギリギリまで我慢してしまいます。はなは雨が大嫌いで、トイレのため「デッキに出たい」と言っては雨を確認し「やっぱりヤメた」と家に入り・・・を何度も繰り返し、我慢しきれなくなって渋々軒下ギリギリに張りついて用を足す・・・といった感じです(^^;)
トイレとして上手く機能するかどうか、ちょっと不安なところです。上手くいかない場合はテラスで・・・って事になってしまうかもしれません(汗)その場合や夏場の水遊びの事も考え、テラスは勾配をとって水はけよく作って頂く予定です♪

Ld080127

リビング・ダイニングの天井がはられました。梁が見えている所だけ天井高を2800mmにしたので、ちょっと広く感じます。今までの家が「夏は溶けるほど暑く、冬は凍るほど寒い」家だったこともあり、夫のこだわりで「高気密・高断熱」「全館空調・24時間換気システム」を導入してみました。人間にとっては快適かもしれませんが、犬の健康にとってどう影響するか気になる所です。Photo_2


人間の家族が少ないこともあり(笑)部屋数を減らし空間を広く取りたいという希望がありました。そのため、いわゆる「廊下」を作らずに階段をリビング内に設けてみました。部屋のアクセントになるのでは・・・と楽しみにしています。・・・が、お転婆すずが2段飛ばしで上り下りするのを阻止するためにゲートを置くことになるでしょう(^^;)
(100円ショップに売っている網で簡単に作ることができます)080127_2


階段を上がりきった所はちょっとしたフリースペースになっています。ここを中心に息子の部屋、私達の寝室、夫の書斎、クローゼット用の洋室、トイレとお風呂があります。写真のハシゴが置いてある辺りには側面が本箱になっている階段が設置され、ロフトへ上がれる様にしてみました。ロフトの奥の部屋は(写真では壁の向こう側)物置として使う予定です。


Hanasuzugazing
何度も現場に来ているためか私の中では完成した部屋のイメージがかなり出来上がっています。自分や家族の動線を考え色々シミュレーションする私の目には新居でウロチョロしているはなすずの姿がハッキリと見えています。「まぼろし!?」ってくらいに(^^;)彼女達の動線を考える上ではとても便利ですが・・・。「犬を思う気持ち」が空回りしない程度に首を長くして一緒に暮らす春を待ちたいと思います♪

| | コメント (8)

☆家の中に入ってみました☆

このお正月休みは長いこともあり、防犯の為にも今年中にサッシを取り付けるよう大工さん達が頑張ってくれています。3人~5人の方が手際よくかつ丁寧に作業して下さっていて感謝・・・です(*^_^*)土曜日もクリスマスイヴの今日も作業があったので、大工さんがお休みの日曜日に初めて室内へ入ってみました♪

Photo
Photo_3 ちょっと贅沢をして玄関ホールは広めに造りました。玄関ドアは家の顔なのでかなり早い段階から色々とショールーム巡りをしました。 当初は新宿にある「リビングデザインセンターOZONE」で「BIG BOY」(写真左)というメーカーのドアを見て気に入ったのですが、あまりの値段の高さにあっけなく断念(お手頃な普通車が買える値段です)(>_<)。設計士さんの「売る気があるんですかね?」の言葉に激しくうなずく私達でした。各メーカー共、両開きのドアは種類が少ない上にシンプルなデザインの物は思いの外ありません(T_T)。あちこち巡った挙げ句、新日軽の「Jism」というシリーズの物に決めました。どんな感じになるのかなぁ?

Photo_4 間取りを決めるまでには、みんなで本当に知恵を絞りました。コンセプトとしては「部屋を細かく区切らない」という事が大前提です。その方がはなすずにとっても居心地がいいかなと期待しています。色々と考えあぐねて、お風呂や洗濯機など家族の水回りは2階に設置しました。
特別に「はなすず仕様」にした所は少ないのですが、シャンプーをしたりトイレをしたりする部屋を1階に作りました。使い勝手は未知数で、一番不安が残る場所です(^^;)→(これはまた別の機会にアップします)

Ld_2 リビング・ダイニングでポイントになる所は大きな窓でしょうか。夏の陽射し対策で、2階のテラスが少し張り出しています。
この窓からは段差なしで幅7メートル奥行き2メートルほどのテラスに出られます。
日向ぼっこが大好きなはなすずがおばあさんになってあまり歩けなくなっても外の空気に触れられる居心地のいい場所になればいいな・・・と思っています。庭が少し狭くなってしまったけど・・・。キッチンから見て、ダイニング左側にはパソコンコーナーを作りました。造作でテーブルや本棚などを作ってもらい、私の作業スペースになる予定♪

Photo_5 シンプルな間取りの我が家ですが、階段を上りきった2階部分は10畳程のオープンスペースになっています(ホールの様な感じ)。この部分は吹き抜けになっていて、天窓をつけました。ここから階段で小屋裏(ロフト)へ行けるようになっています。

Photo_61階は無垢のオークのフローリング(リボス社の自然塗料で塗装)とスイス漆喰仕上げになります。ステキになるはずなのですがトリプル・オーナーの方達にはお馴染みのあのお風呂マットをひく事になるのでせっかくの床が隠れてしまいます(T_T)。とっても、とても残念なのですがはなすずの足腰の健康には変えられません。まぁ、大事なお客様の時にははなすずはハウスに入って貰ってお風呂マットは撤収すればいいかなぁ・・・と (^^;)。

毎週末行われている打ち合わせは来週から「現場」にて・・・になります(*^_^*)立体で見ると平面図では気が付かなかった所に目がいくようになり、「この期に及んで・・・」的なアイディアが浮かんだりするのがちょっと怖かったりして・・・(^^;)

ちょっと疲れ気味で癒されたい私が昨日見た夢は、なぜか新居の浴槽で沈んだボールを拾って遊ぶすずの夢でした。トリプルの運動場で楽しそうなすずを様子を見たからかなぁ?

| | コメント (2)

☆上棟☆

Photo_7 寒くても雨だけは降らない日が続いていたのに、この日だけ予報は雨・・・(T_T)上棟をするかどうかは朝一番に決めるとのことで、ハラハラしながら朝を迎えたのでした。
早朝になった電話の知らせは「決行!」でした。昼頃には雨が上がるとの天気予報を信じて、総勢10人の大工さん達が冷たい雨の中、集まってくれました(*^_^*)
Photo_9
悪条件の中、素晴らしいチームワークでテキパキと作業が行われていきます。
Photo_3 コンコンという木槌の音と木の香りが漂う中、どんどん家っぽくなっていきます。う~ん、アクロバティック(*^_^*)
Photo_4 午後には雨も上がりました。棟が上がった所で今日の作業は無事終了です。
あとは神様に工事とその後の家の無事をお願いして、あっという間にワクワク☆ドキドキの一日が終わったのでした。
Photo_6 我が家はいわゆる「上棟式」は行いませんでした。その代わり10時と3時のお茶の他に、少しボリュームのあるお昼を差し入れしました。(足りたのかちょっと心配ですが・・・)
お弁当の他に用意した物はテーブルの上にお湯の入ったポット、紙コップとスティックタイプのコーヒー、紅茶、お菓子類、ミカン、お昼用にインスタントのおみそ汁です。あとは作業終了後に感謝の気持ちを込めてご祝儀をお渡ししました。

上棟を無事迎える事ができて、少し気持ちが落ち着きました(^_-)。現在、家はシートで覆われてよく見えなくなってしまいましたが、屋根の工事が3人程の大工さん達で進められている所です。
次回の「家造り編」では、なんのご紹介ができるでしょうか・・・。

| | コメント (2)

☆基礎工事☆

久し振りに家関連の記事です。 口で説明するのが難しいので写真に頼ります(^_^;)画像がちょっと重いかもしれませんm(_ _)m
Photo_12

配筋が組まれて間取りがなんとなく想像できる様になってきました。

ミキサー車の登場でちょっとテンションがあがります。
生コンがポンプ車を経由して流し込まれることを初めて知りました。

Photo_6

それぞれの役割分担でテキパキと作業が進められていきます。

Photo_11

流しこまれたコンクリートは最終的にコテでキレイに仕上げられて行きます。

Photo_9

コンクリートが敷き詰められるとなんとなく家っぽく見えてきました。
立ち上がり部の型枠が設置されると間取りの広さが具体的に分かる様になります。
「ここ、ちょっと狭かったかなぁ。」とか「思ったより広かったね。」なんて実感でき、期待と不安が入り交じった不思議な気持ちです(^_^;)

Photo_10

型枠が外されると更に家っぽく感じます。
ここまでたどり着くのに長かったような、短かったような・・・。ちょっと一山越えた気分です(*^_^*)
来週後半には棟が上がる予定なので、「家っぽさ」は更に増すでしょう♪
楽しみなのですが、色々な事を最終決定しなくてはいけない段階まできていて、「もう変更できないのかぁ~(>_<)」と思うと迷いが生まれるものですね(^_^;)
さぁ、これからどうなって行くのでしょう??

| | コメント (2)

杭打ち工事

Photo_2 解体作業が終わってから少し間が空いていた家の工事ですが、先週土曜からの2日間で「鋼管杭打ち」が行われました。この辺りの地盤はあまりいいものではないようで、地盤改良はとても大切な作業です。我が家の場合、7メートル程の鋼管杭を35本打ち込みました。難しいことはさっぱり分からないんだけど固い支持層まで打ちまれたこの杭が基礎に埋め込まれて家を支えると理解しているのですが・・・。

私の頭の中では「基礎部分にたくさん楊枝が刺さっている家が地面に突き刺さっている」イメージなのですが、どうなんでしょうか(^_^;)?職人さんたちがみな感じのいい方達で、私のおバカな質問にも丁寧に答えで下さるので感謝・・・です(*^_^*)
Photo_6 Photo_7

Photo_9 今日から「遣り方」や「砕石の敷き込み」などの基礎工事が始まりました。ここまで来ると少しずつ図面が形になっていく様で面白いです♪
真ん前のアパートに住んでいるので毎日、変化していく様子が見られてちょっと楽しくなってきました(*^_^*)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧