13年振りのタイトル!

10月15日。ルヴァンカップ決勝戦。相手は幾度となく悔しい思いをさせられてきたガンバ大阪です。
Photo_7
前日の夜はわくわくとドキドキが合わさってなかなか寝付けなかったサポーターも多かったのではないでしょうか。
Photo_8
今までいい所まで行きながら結果を取り逃してきたレッズ。あと一歩の所でタイトルを逃し「勝負弱い」と言われ続けて選手もサポーターも悔しい気持ちを味わってきました。
Photo_9
国歌斉唱は浦田直也(AAA)さん。
Photo_10
試合前も試合中も心臓がここにあるって分かるほどにドキドキが止まらないsweat01
Photo_14
結果は優勝!
先制されたものの同点に追いつき、延長戦までもつれ込んだ試合はPK戦へ。浦和の選手が蹴るボールは心配のあまり見ていられずまわりのみんなの歓声で「あぁ、成功!」と判断していました。ガンバの呉屋選手のボールを西川選手が止め、一番最後のキッカーであるレッズの遠藤選手のボールがゴールネットを揺らせば念願の初タイトル獲得です。
Photo_15
優勝の瞬間だけは見逃したくなかったので両手を固く握りしめ、瞬きを忘れ祈る思いで見つめていました。優勝した瞬間知らない物同士が同じ喜びに涙してハイタッチをかわし、歓喜を分かち合ったその時をきっと長いこと忘れることはないでしょう。
A_2
ペトロビッチ監督が浦和に来て5年目。来日して10年目。いいサッカーをしていると言われながらも結果がついてこず、何年もの悔しい思いを経てようやく手にした1つ目のタイトルです。でもこれはレッズらしいサッカーがやっと実を結んだ第一歩に過ぎないと信じて、これからも続くリーグ戦の残りを熱く応援していきたいと思います♪

| | コメント (0)

今年こそは・・・

「待っているのは最高の週末だ!」とわくわくしながら親子3人、埼玉スタジアムでのホームゲームに通う様になって随分と年月が経ちました。
嬉しい時はもちろん、辛く悲しい時も私たち家族の側にはいつもサッカーがありました。サッカーの話をすると不思議と日常を取り戻せる、我が家にとってはそんな大切な存在なのです。
Photo
小1だった息子は中3になり、背も随分と伸びて段々とパパに追いついて来ました。我が愛する浦和レッズは成績不振でハラハラする年もありましたが、今年こそは何か一つタイトルが取れたらいいなぁと願っていますshine
2nd_stage
負けた時はしょぼんとするけど、それでも心がリセットされる大好きな場所です。
Photo_2
2ndステージ 第14節の対ガンバ大阪戦。阿部勇樹選手がJ1リーグ通算500試合を達成した記念すべき試合。Jリーグ史上6人目、最年少での偉業ですgoodいつの日か彼のお別れセレモニーを見ることになるだろうと思うだけで今から淋しくてしかたがありません。
Photo_3
そんな阿部勇樹選手の記念すべき試合を「4-0」の勝利で飾れることが出来て本当によかった♪
We_are_diamonds
今週末にはルヴァンカップの決勝で再度、ガンバ大阪とぶつかることになっています。息子の中間テスト最終日とすずと武蔵のお里でのホームカミングデイに挟まれた土曜日。
ぜひぜひ勝利して先ずは今年1つ目(欲張り?)のタイトルとなればいいなぁと願っています。いつもあともう一歩の所で悔しい思いをしてきているので「今年こそは!」と張り来すぎない程度に張り切って応援します(*^ー゚)bshine

| | コメント (0)

負けちゃった~(T_T)

Dsc00631
ガンバ大阪とのチャンピオンシップは延長戦の末、負けてしまいました。
年間勝ち点で9点も差が開いている相手にたったの1試合で順位をひっくり返されたショックもさることながら、いくら好ゲームであったとはいえ選手達の一年間を思うと気の毒でなりません。
チャンピオンシップ、これでいいのかなぁ・・・。
これでもしガンバ大阪がサンフレッチェ広島に勝ったとしても、年間勝ち点で11も差があるのに「やったぁ~。年間チャンピオン!」って思えるのかしら。
サッカーが好きなだけで詳しい訳ではないのですが、本当にサッカー界を盛り上げる力になるのかは正直甚だ疑問が残ります。別のカップ戦の様な位置づけにするならまだ分かるんだけど。
レッズは負けたけど、サンフレッチェ広島vsガンバ大阪の戦いの行方、最後まで見守りますgood
Dsc00635
試合に負けて私もとてもがっかりはしたけれど、中2の息子の悔しがり指数は半端ありませんでした(^_^;)
試合終了のホイッスルと同時に悔し涙をぽろぽろ流し、その内しゃくり上げて泣いている我が子の姿を見てちょっと引きそうになりました(笑)
でも何に対しても冷めた目線で「別にいいんじゃね?」で片付ける事も多い現代っ子。普段は飄々と冷静なタイプでそんな現代っ子の側面もなきにしもあらずの息子が盛大に悔し泣きする姿から学ぶ事もあるのだと思います。
中2にもなってこれだけ何かに対し熱く感情移入し泣けるのは、うまくいかないとすぐに自分以外の何かに原因を転嫁する大人がなくした何かをまだ持っているからなのかもしれないと人目もはばからずに悔し涙を流す息子を慰めながら思ったちょっと切ない埼玉スタジアムでありました。

| | コメント (0)

浦和レッズ、リーグ最終節

毎年悔しい思いをすることの多いレッズのホームでの最終ゲーム。
今年は今季限りでレッズを離れる事がアナウンスされていた鈴木啓太選手の退団セレモニーがあったので何としても勝利し気持ち良く送り出したい気持ちで一杯でした。
Dsc00580
試合前のコレオグラフィー。レッズのエンブレムとシャーレ。いつもながら美しい♪これから迎えるチャンピオンシップを制覇して優勝しようとの願いが込められているのだと思います。
Photo
【柏木陽介選手の勝利インタビュー。選手整列と社長の挨拶】
対戦相手はヴィッセル神戸。終わってみれば5-2での快勝でした(途中ハラハラする場面もありましたがsweat01)。
Dsc00598_2
鈴木啓太選手の挨拶。
Cats
同い年の阿部勇樹選手と那須大亮選手からの花束贈呈。
Dsc00609
鈴木啓太選手、自らの口から他チームへの移籍はなく引退することが説明されました。
「サッカー少年がプロサッカー選手として成功することを夢見て静岡から出てきましたが、いつからか「お前は浦和の男だ。俺たちの鈴木啓太だ」と認めて貰えたことが本当に嬉しかったです。誇らしかったです。僕の心には浦和以上に愛せるチームはありません。だから僕はプロサッカー選手として浦和の男で始まり浦和の男で終わります。」
・・・サポーターみんな、もらい泣き・・・。夫も私ももらい泣き。
(息子は残念ながら部活がどうしても休めずに観戦できず)
Dsc00618
笑顔で記念撮影。
Dsc00619
鈴木啓太選手を挟んで向かって左が那須選手。右が阿部選手。その下に柏木選手。この日は笑顔の勝利だったけど、28日(土)には何としても勝ちたいガンバ大阪を相手にチャンピオンシップの準決勝があります。

年間勝ち点一位、セカンドステージ優勝のサンフレッチェ広島は文句なしのトップだと思います。でもレッズが優勝するためには先ずはガンバ大阪に勝たなければいけません。
年間勝ち点で9点も差をつけているガンバに負けて決勝戦を逃すのは本当に悔しい。サンフレッチェ広島とのホーム&アウェイの決勝戦に進めると信じて、今週末のガンバ戦の応援に行ってきますgoodshine

| | コメント (2)

埼玉スタジアム

夫、息子、私の3人が喧嘩しててもこれさえ話題にすれば、あっという間に仲直り。
そう、愛しき「浦和レッズ」♪
相変わらずホームでの試合は全て埼スタに足を運んでいます。
(今年は日本代表戦も2試合見てきました)
20152nd
【2ndステージ 第13節 vsサガン鳥栖 試合は1-1のドロー】

息子が中学2年生になり、学校や部活と重なると早い時間帯の試合には間に合わない事も出てきました。
そんな時は夫と2人での観戦になります。
2015
ハーフタイムを入れると2時間弱になるゲームをスタジアムでお行儀良く観戦出来るだろうと息子が小学一年生になった年から家族3人でスタジアムに足を運ぶようになったのでした。
スタジアム観戦の楽しさを知ってからは、他チームの選手もたくさん分かるようになり、レフリーの名前も覚え、J2の試合結果も気になるようになりました。
そんな中、自分は年を取っていないつもりでも息子はとうに私の背を追い越し、飄々と親離れをしていっています。
なんだかほんのり寂しくて「こうして少しずつ2人で過ごす様になっていくんだね~」とつぶやく私に夫はこう言ったのでありました。
「また昔の様になっていくだけじゃん」
そんな夫の言葉に思いのほかときめいて「うん、親離れ子離れ悪くないね」と心の中でちょっぴり嬉しくなった秋のスタジアムなのでした♪

| | コメント (4)

いよいよワールドカップ♪

明日からいよいよワールドカップブラジル大会が始まります。
わくわく、どきどき。私の心臓、持ち堪えられるかしらsweat01

我が家は浦和レッズのファンでホームで開催される試合を見に行くようになって8年目になります。今、中1の息子が小学校に入学した年にもうゲームを最後まできちんと観戦できる年齢だろうとスタジアム通いを始めたのでした。

ほどなくシーズンチケットのホルダーとなり、それ以来ホームでの全試合を観戦しに行っています。
2014
昨年は受験があったので私と息子は一試合も行けなかったけど、夫はしっかりとホームでの全試合に出掛けていました(^_^;)
私は息子を塾に送り出した後、1人で寂しくスカパー観戦。
2014_2
今年はようやく興梠選手、那須選手、森脇選手、関口選手のプレーをスタジアムで見る事が出来て満足なのです♪
2014_3
これはワールドカップ中断前の最後のJリーグの試合の時。お相手はセレッソ大阪。
1-0で勝利し、首位をキープしたまま中断期間に入れたのはすごくよかった。
「降格しちゃったらどうしよう」ってハラハラする年もあったし、見つめ直さなくてはいけない事もたくさんあります。辛い事もたくさんあった中、この成績は感慨深いです。
セレッソの試合には若くて可愛らしい「セレ女」さん達がたくさんアウェイに来てくれていました。夫に「浦和にだって浦女がいるよね~」って言ったら「平均年齢が・・・」ともごもご言っておりました(笑)

そんな中、レッズサポーターにとっては特別な存在である原口元気選手がドイツのヘルタ・ベルリンへ移籍することになりました。(浦和レッズに在籍していた細貝萌選手がプレーしているチーム。今回の代表メンバーには入れなくてとても残念(p_q*))
寂しいけど海外で幾つもの壁を乗り越える事でより存在感のある選手になってレッズに帰って来てくれることでしょう。
Photo
そして、忘れちゃいけない代表戦。
今年は3月に国立で行われたキリンチャレンジカップ、対ニュージーランド戦と5月に埼スタで行われた対キプロス戦に行って来ました。
今回のワールドカップでまた日本の若い選手達が世界のスカウトの目に留まり、世界へ羽ばたいて行くかもしれません。少し寂しい気もするけど、きっとJリーグの将来にいい影響をもたらしてくれる事でしょう。

ところで長谷部選手や細貝選手はいつかレッズに戻って来てくれるのかな?

明日から開幕するワールドカップ。ぜひぜひ悔いの残らないように力を出し切って笑顔でまた次の4年後を待てる結果になる事を祈ります♪

| | コメント (4)

Jリーグ開幕

Jリーグのシーズンが終わってしまい寂しいなぁ~なんて思っていたのがつい昨日のようsweat01あっという間に年が明け、つい先週アウェイの神戸戦で今シーズンがスタートしました。(負けちゃったけどdown

ペトロヴィッチ新監督率いる新体制のチームで新しいシーズンの幕開けです。

Photo
明日はいよいよ、ホーム開幕戦。相手は強豪ガンバ大阪sweat01
さてさて、どうなる事やら。
でも今年もシーズンチケットを更新し、精一杯応援するよgoodshine

Photo_2
応援していた闘莉王選手が名古屋グランパスへ移籍してしまった去年から、息子はサンフレッチェ広島からレッズへ移籍した柏木陽介選手のユニフォームを着ての応援です。
塾へ行った後、スタジアムへ直行という日もある忙しいシーズンになりそうだけど、行ける限りは家族で大きな声で応援したいと思います♪

| | コメント (0)

09年第32節 vsジュビロ磐田

いよいよ今シーズンも残すところ、この日の試合を入れてあと3戦…。シーズンも終わりに近づいてくると選手達の去就をめぐりにわかに周りが騒がしくなるのは年中行事だと思えば腹も立たないのでしょうか…。

でも、新聞各紙のあまりの「書きっぱなし振り」に朝から鼻息荒くなっている私。夫は「まぁ、そういう新聞は売るのが目的だから。本格的な交渉の詰めはシーズンが終わってからだよ」と文句を言う私をなだめながら冷静に朝のコーヒーを飲んでいるのでしたcoldsweats01

そうそう。熱い心は応援で見せましょう…shine
というわけで、この日の対戦相手はジュビロ磐田でした。

Photo
寒さも和らぎ、過ごしやすいお天気でした。
いつになくドキドキした試合前…。

Photo_2
どこにも行かないでね、闘莉王 ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
でも闘莉王ファンの息子は欧州移籍なら応援するって…。「闘莉王の夢だから」って。

Photo_3
来シーズンも心をひとつに…。

Photo_4
ベンチに座るメンバーも…。
帯同していないメンバーも…。
みんなで「浦和レッズ」なんだからgoodshine

Photo_6
「長い旅路」を誰1人欠ける事なく進んでいきたいshine

Photo_7
試合は今シーズン一番の劇的な勝利でした。
 (ご興味のある方は動画をどうぞ♪)
 

先制したのはレッズ。
その後、同点にされ逆転されたけど、それからの追い上げが素晴らしかった。連敗中には見られなかったゴールへ向かうひたむきさは「絶対に追いつく」って信じさせてくれる程のものでした。
ロスタイムにエジミウソンの迷いのない見事なシュートが決まり、逆転!(この日はエジのハットトリックというおまけつきgoodshine
それと同時に試合終了の笛がなり、スタジアムが大歓声に揺れたのでした。Photo_8
泣けてくるほどに感動的でした。

でもオーロラビジョンに映し出された、この日2得点を決めた磐田の前田遼一選手の悔しさをじっと堪える顔に胸が痛んだのでした。
Photo_9
最終節は埼スタでの鹿島戦。
ひょっとしたら、次節の鹿島vsガンバ大阪戦で鹿島の優勝が決まる可能性もあります。

でも、最終節の埼スタで鹿島の優勝が決まるのだけは何としても避けたいなぁbearing
泣いても笑ってもあと2節sweat01
12月5日以降、しばらくは気が抜けて大人しくなっているかもしれませんcoldsweats01

| | コメント (0)

小さな声で、天皇杯のご報告(汗)

去る10月11日、天皇杯の応援をしに長野まで行って来ました。
今まではJ2は3回戦、J1は4回戦から参加だったけど、今年はJ1、J2とも2回戦からの登場になったのでした。
レッズの対戦相手は「松本山雅FC」、長野県松本市に本拠地を置く社会人リーグのクラブです。

長野だったらとんぼ返りで行って来られるかなぁと思い切ってチケットを取ったのでしたcoldsweats01
はなすずをどうするかかなり迷ったのですが、長い移動と試合中は車内で待たせておく事を考えると家で留守番させておいた方がいいという結論になりましたsweat01Photo
山に囲まれたのどかなスタジアム。
こぢんまりとしていながら、とても気持ちのいいスタジアムでした。

Photo_2
【前に座っていた方の頭の上でトンボが一休み♪】
清々しい風にのってたくさんのトンボがスタジアムの中を飛んでいました。

Photo_3
【松本山雅のサポーターの方々】
J1屈指のビッグチームを相手に選手達と共に戦うんだ…という意気込みが感じられる清々しい応援でしたshine

Photo_4
【どこへ行ってもホームの雰囲気を!レッズのサポ】
「さすがレッズgoodshine」って試合を見せたかったけど、終わってみれば「2-0」で松本山雅の勝利でした。試合内容と共にかなり凹んだ結果だったけど、今のレッズには必要な結果だったのかなぁと長野の気持ちのよい風に吹かれながら思っていました。
スポーツ紙にある事ない事、おもしろ可笑しく書かれるのも悔しいけど、苦しみを乗り越えた先で得る喜びを信じて残りの試合を熱く応援する私たち家族です♪

Photo_5
【天皇杯仕様のサクラ模様のボール】
1月1日の国立の夢は終わってしまったけど、来年こそは勝ち進んで行きたいねwink

…でも、1000円高速の影響で大渋滞だったのと、悔しい結果もあって帰り道の長かったことcoldsweats02 長野まで行ったのに寄り道もせず、な~んにも美味しい物も食べず、急いで帰路についたのでした。夕食は、帰宅後の宅配ピザでしたcoldsweats01

はなすずはクレートの中での長いお留守番もお利口さんで我慢してくれていました♪

| | コメント (0)

09年第28節 vs ジェフユナイテッド千葉

10月3日のジェフユナイテッド千葉戦。
チケットは購入していたのですが、息子の運動会と重なってしまいました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
週間天気予報によると午前中は雨の確率が高かったので、運動会の順延を期待することに…。(不謹慎かなsweat01

朝方は曇りで、中止のメールも来ないので渋々お弁当作りを開始sweat01
競技がスタートしたものの、どんどん雲行きがあやしくなり一種目目が終わった時点で大粒の雨となってしまいました。
結局、中断となり翌日へと持ち越されることになりました。
ママ達からは遠慮がちな「え~sweat01」の声が…。2日間も続けて早起きのお弁当作りはちょっとしんどいですものね~coldsweats01

でも、私たちは「やったぁ~。千葉戦に間に合うheart04」と大急ぎで帰宅し、濡れた服を着替えて速攻で埼スタへと向かったのでしたo(*^▽^*)o

Photo_16
J1残留をかけて必死に戦いを挑んでくるであろうジェフ千葉。
でも、レッズも前節のホームでのマリノス戦を1-2で負けているので、上位争いに食い込むためにはどうしても落とせない大事な試合…。

Photo_17
選手達に届くように思いっきり応援するよ~goodshine(大の闘莉王ファンの息子)

Photo_18
さあ、いよいよ選手入場。いつも心高ぶる瞬間ですshine

Photo_19
それは超アウェイな雰囲気の中、負けじと熱い応援をするジェフのサポーターも同じ気持ちでしょう。

Photo_21
心をひとつに…。

Photo_22
【闘莉王と阿部ちゃん、なんの相談?】
前半7分に千葉に先制点を許してしまいますcoldsweats02
前半の早い段階で失点してしまう、ここ最近のイヤな感じにちょっと心配になってしまいます(´・ω・`)ショボーン
でも、そのすぐ後に阿部ちゃんが相手からファウルを貰いフリーキックのチャンス。

自ら古巣を相手に目の覚めるような美しいフリーキックを決めて同点にhappy01heart04
いつもはちょっと遠慮がちな優しい彼が、珍しく「自分で蹴る」と自己主張をして決めたゴールなので嬉しさもひとしおです♪

Photo_23
【初ゴール、おめでとう!33番、峻希くん】
同点に追いついたものの、いまひとつ精彩にかけた前半。
このまま行くと同点・・・、ひょっとして千葉に勝ち点を持って行かれちゃうかも…って不安がよぎります。
後半は田中達也選手が入った事もあり、ゲームに動きが出てきたように思います。
78分にここ最近、不調気味だったエジミウソンが2点目、81分に19歳の高橋峻希が彼のリーグ初となるゴールで3点目を決めました(*^ー゚)bグッジョブ!!

Photo_24
勝ったことはもちろん嬉しかった…。
Photo_25
試合に勝った日も、すぐ次の試合の心配をしているような顔をしている選手達のことも気になっているから…。

Photo_26
でも、今日は…。

Photo_27
阿部ちゃんが美しいフリーキックを決めたことが、とっても嬉しかった。

Photo_28
【左からモラスコーチ、鈴木啓太、山田直輝、高橋峻希、原口元気】
ゴールを決めた瞬間、弾けるような笑顔と喜びを見せた峻希くん。
仲間もコーチもフィンケ監督も、心からの笑顔と祝福で彼を迎える様子に胸が熱くなりました。スタンドのあちこちから聞こえる「おめでとう~」の声…(*^-^)

Photo_29
去年に引き続き苦しいことも多い一年だけど、どんな事があっても選手へはありったけの励ましのエールを送り続けたいとあらためて思った一日でした。

今週末は天皇杯の応援をしに長野まで行って来ます♪
普段はベンチの選手や、サテライトの選手も活躍のチャンスがあるだろうからwink

初めての遠出&アウェイの応援なのでちょっとワクワク♪
でも、はなすずのお留守番が心配なので寄り道一切なしの、文字通り「脇目も振らずにレッズの応援」になるけれどcoldsweats01

| | コメント (2)