« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

小鳥の餌台

去年の秋の終わり、庭に面した窓から外を見ていた武蔵が突然大きな声で吠え立てました。驚いて駆け寄るとそこには一面に散らばった鳥の羽が・・・。慌てて飛び出し辺りを見渡しましたが既に生き物の姿はありません。まだぬくもりの残るようなふわふわとした羽から何が起きたのかを想像する他ありませんでした。
Photo
別の日、たまたま庭を眺めていた私の目の前でデッキの下に隠れていた猫がひまわりの種をついばみに来ていたキジバトを襲ったのです。慌てて大きな声を出した私に驚いて逃げたキジバトはすんでの所で猫の爪をかわしたのでした。
よくうちの庭で過ごしていくこの子は触らせてはくれないものの近づいても逃げません。そして何より狩り上手。ネズミらしきものやトカゲを加えて意気揚々と足早に庭を横切って行くのを何度か見たことがあります。
自然の営みの中の出来事とは言え、猫の能力を甘く見て小鳥の餌の置き場所の高さが足りなかったことが招いたことだと思うと胸が痛みました。
Photo_2
夫に相談したら、高さのある餌台を作ってくれることに。
Photo_3
秋を過ぎ木々が葉を落とし終わる頃から春の気配に虫たちが活動し始める頃までシジュウカラなどの小鳥用にひまわりの種を置いておきます。
Photo_4
雨が降っても水が溜まらないように逃げ道を作り、小鳥が一度とまれるように夫の実家の柿の木を剪定した枝をあしらってくれました。
Photo_5
シジュウカラも気に入ってくれたようです♪
Photo_6
一番賑やかなのはスズメ(^^;)
Photo_7
そして日に何羽か来ていたのにあの一件以来、一ヶ月あまり姿を見せなくなってしまったキジバトもようやく戻って来てくれました。罪滅ぼしの餌台です。
Photo_8
そして武蔵の天敵、我が家の庭を遊び場にしている貫禄満点ネコ。武蔵が家の中で吠えても全く動じることなく、チラッと一瞥をくれるとゆったりとした足取りで好きなように過ごしていくのです。冬木立の庭でも生き物たちの営みが春を待つ庭に賑やかさを運んできてくれる。それを眺めながら今日も一日が過ぎていくのです。

| | コメント (2)

ボルネオ研修

昨年の12月下旬、息子が8日間のボルネオ研修ツアーに行ってきました。「熱帯の生物多様性と人々の営みを学ぶ8日間」というこの旅には都内の中高生(男女)18名が参加しました。月一度の勉強会を何度も重ね、話し合い学び合い高い志を持って地球の自然のあり方を考えようと努力する若いエネルギーにこちらまで力を貰います。
Photo
【ボルネオ土産の本】
息子は所属する生物部で仲間と共にオランウータンの研究に取り組んでいます。親は悩み試行錯誤する彼を見守ることしかできないですが、先生を始め専門家の方々の温かい導きに助けて頂きながら彼なりに力を注いで頑張っています。
Photo_2
【ボルネオの熱帯雨林の中で】
迎えに行った成田空港で見た子供たちの顔はみな充実感に満ち溢れ、何も語らずとも実り多き時間を過ごしたのだと一目で分かりました。
Photo_3
幼かった頃に遊んだ「あいうえおカルタ」の「あ」のお目々くりくり、可愛さ全開のアオムシのカード。それを見ただけで怖さのあまりほっぽり投げて「アッチイッテ~」と泣いていた息子。その彼が様々な生き物と触れ合い親しむ事が出来るようになったのもラブラドールとの暮らしが自然の中へと導いてくれたお陰だと心から思っています。自分と違う生き物に思いを馳せることは地球は人間だけの物ではなく生きとし生けるもの全てが等しく共存する星なのだと知ることに他なりません。
息子のお土産話を聞きながら、子供たちの輝く好奇心と行動力が嬉しくて胸の奥がじ~んと熱くなった母なのでした。

| | コメント (0)

今年もよろしくお願いします♪

新年を迎えてからあっという間に2週間近くが過ぎてしまいました。
Photo
12月頭に引いた風邪をこじらせてしまいここ10年で一番の体調不良のまま年末年始を過ごすことになりましたsweat01 今はだいぶ復活してきていますので、今年も皆さんと共に元気に一年を過ごせたらと願っています。
さて、我が家のお正月は例年通り音声多重の賑やかなものでした(笑)毎年少しずつ違うのは子供たちが大きくなってきていることでしょうか。
Photo_2
その分、大人も年を重ねているのですがその辺は気がつかないことに致しましょう(^-^;
Photo_3
犬に何かあげたくて仕方がないお年寄り組にテーブルの下でローストビーフやらブロッコリーやら普段ならあり得ないご馳走にありつき、すっかり甘やかされたすず武蔵です。一年に一度のことですから目をつぶりましょう。

皆様の温かい友情に見守られてこのブログもここまで続けてこられています。心からの感謝をこめて今年一年もまたよろしくお願い致します♪

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »