« 久し振りの里帰り | トップページ | 簡易こたつ?? »

秋の庭2013

この一週間で庭が一気に秋めいて来ました。
6月に亡くなったはなが散歩に行けなくなっても少しでも運動と気分転換になればと作ったバックヤード。高田造園のみなさんがスケジュールをやりくりして「はなちゃんが歩けるうちに」と頑張りに頑張って短期間で仕上げて下さった庭。
初めての紅葉の季節を迎えましたmaple
Photo
小鳥たちもたくさん遊びに来ます。
Photo_2
前庭を通り過ぎて行くと・・・。
Photo_3
はなが食事をあまり取らなくなり、衰えてしまった足腰でもゆっくりと降りていくことが出来たバックヤードへのステップ。最後の最後までこの庭に出るのが好きでした。
Photo_4
あと数年もすればお隣の家々も木々が間に入って見えなくなっていくことでしょう。
5年後の姿を想像して木々を植栽して下さっています。
Photo_5
夏は暑い日差しを遮り、寒い冬は枝の間から木漏れ日を注いでくれる優しい雑木達。
Photo_6
一番嬉しいのはここが大人の背丈ほどの草が茂る空き地だった頃を知る周りの家の方々が「自分の家の窓から見える景色が変わって嬉しい」と言って下さること。
Photo_7
町中の個人の庭でも雑木があると小さなビオトープ、生物生息空間が出来上がります。
この小さな自然の中で様々な虫や小鳥たち、トカゲたちがそれぞれに活動している姿を見ると命について思いを馳せずにはいられません。
Photo_8
地面に根付こうと頑張るたくましいコナラのどんぐり達。
4年程前から完全に庭の消毒を止めました。最初の2年はアメリカシロヒトリが薄く網をかけ始めた時点ですぐに枝ごと伐採して処分。イラガは夫が割り箸で捕獲。そうすると2年程前から毎年悩まされていたアメリカシロヒトリを始めとする害虫類の数が激減してきました。
イラガや名前の分からない青虫類は多少は発生します。
イラガこそ触るとちくちくとかなり痛いので夫が捕獲していますが、気が付けば害虫の被害は気にならない程度まで減っています。

多分小鳥たちが多く集まるようになった事やカマキリ、トカゲや害虫を食べる命達が安定して生息してくれるようになったからではないかと思っています。
面倒な消毒作業をしなくて済めば人間も楽ですものね。

今年の猛暑を乗り越えた木々達が来年はどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。
来週には高田造園さんが今年2回目の手入れに来て下さる予定です♪

来春には武蔵がこの庭ですずと魂になったはなと遊ぶ姿を想像してにんまりしている私です♪

|

« 久し振りの里帰り | トップページ | 簡易こたつ?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久し振りの里帰り | トップページ | 簡易こたつ?? »