« 寄り添うふたり | トップページ | はなのノート »

新しい庭

縁あって、今年の夏に我が家の隣の空き地を購入することができました。
Photo
小鳥や虫たち、トカゲなどの小動物が集まるような雑木の庭になる予定です。
待ちに待った庭造りの工事が明日から始まります♪

ふと立ち寄った本屋さんで手に取った造園の本。
惹かれるページは全て「高田造園設計事務所」さんが手がけた庭でした。
(左側のバーにある「雑木の庭づくり~専門サイト」から高田さんが手がけた庭がご覧になれます)
とてもお忙しくタイトなスケジュールの中、「年老いたはながまだ歩けるうちに庭が完成すれば」という私達の願いを快く受け入れて下さいました。Photo_2
この写真の一番奥に見える塀の向こう側が「雑木に庭」になる予定です。
庭造りの計画がスタートした時には、はなの病気の事はまだ分かっていませんでした。

思いもしない事が起こるのが人生ですが、私達の一日一日がたくさんの方のご縁によって支えられているのだと身に染みて感じています。
「ご縁」という言葉の意味深さを感謝とともに噛みしめる毎日です。
Photo_3
はなの闘病と旅立ちを応援する庭になりそうですが、一番喜ぶのは他ならぬお転婆すずなのは間違いなさそうです(^_^;)

|

« 寄り添うふたり | トップページ | はなのノート »

コメント

うわぁ~~happy01楽しみね・・新しいお庭。
春の柔らかくて美味しそう?な芽吹き、
優しい木漏れ日、輝くような木の実、ついばみにくる野鳥たち。そして、全ての葉を落として次の季節を待つ冬の枝・・雑木、大好き。heart02heart01
そして・・原っぱや里山で、緑の中のラブたちは
キラキラした瞳で、本当に活き活きとしてるよね。lovely
ラブは、雑木の中におけ!!smile
すずちゃんと同じくらい、待ち遠しいです、私もwink

投稿: えぐえぐ | 2013年1月11日 (金) 09:31

♪えぐえぐさん♪
「ラブは雑木の中におけ!!」って、さすがいい事言うね~(^^)/
ラブは体に葉っぱをくっつけたり、鼻先が泥んこになってこそ・・・なんだよね、本当は♪

キレイに手入れをされた芝生やバラの整った庭もステキだけど、私もそのままで静かな生命力に溢れている雑木が大好きです。
特に落葉樹が大好き(*^-^)

できれば木々のエネルギーをはなすずにお裾分けして貰って少しでも健やかな日々が長く続けばいいなぁと願っています。

少しずつ経過をアップするから楽しみにしていてね♪

投稿: Stella | 2013年1月11日 (金) 09:42

ι(´Д`υ)アセアセご無沙汰してますι(´Д`υ)アセアセ

はなすず家の事だから?きっと素敵な雑木の庭に
なるんでしょうね。
そんな庭を自由気ままに散策する、はなすずちゃんの姿が目に浮かびます。

はなちゃんもきっと庭ができるのを楽しみにしていると思いますよ。
新しい庭を家族皆で満喫して納得するまではきっと元気でいてくれることでしょう。

2坪程度の小さな雑木の庭が我が家にもありますが、
トーマスもそこで土にまみれて遊ぶのが好きです。
時々は気が済むまで一人遊びさせています(*^-^)

我が家では、只今トーマスと同じ部屋で暮らすための
リホーム計画が徐々に進行中です( ̄ー ̄)ニヤリ
2部屋のリホームで、1部屋は自分でDIYリホームです。
もう1部屋は、知り合いの大工さんと共同リホームです。
大工さんは消費増税前の駆け込み需要で忙しく、3月になってから工事に入ってくれる予定です。
それまでにDIYリホームを終え、宅内引っ越しをし、
造り付家具などの解体を自分でする予定です。

はなすず家の雑木庭の完成も楽しみですが、
子供たち相手のDIYリホームもとても楽しく、完成が楽しみです(*゚ー゚*)


庭が完成したら、ぜひお伺いさせてくださいねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: stubble | 2013年1月11日 (金) 22:21

♪stubbleさん♪
トーマス君、ずっとお家の中でご家族と一緒にいられるのはきっと嬉しくてしかたがないですね♪完成が待ち遠しいですね(*^-^)

トーマス君仕様のリフォームなのでしょうか?
どんな感じになるのか、ぜひトーマスくんブログにアップして下さいませ(^^)/

はなは色んな数値が芳しくない割には元気にしています。メラノーマに気が付かなかったらきっと「おばあちゃんだからね」で何か顕著な症状が出るまで分からなかったと思います。

はなが病気だと思わない事が一番なので、出来るだけのんびり、まったりと暮らしていきたいと思っています♪

春を一緒に迎えられたらいいなぁと願っています。

投稿: Stella | 2013年1月11日 (金) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寄り添うふたり | トップページ | はなのノート »