« 義兄家族を訪ねて | トップページ | 従兄と一緒に »

義兄家族を訪ねて(続き)

今回、このブログに震災の記事を書くべきかどうか悩みました。
実際に被災していない私が書いていいものか・・・。

でも、義兄が「あと一年、あと一年」と悩み葛藤しながら地域医療に取り組んできた10年間。それを支えてきたYちゃんと子供達。時にぶつかり合い議論しながら見守ってきた私達家族。この10年間でやっと作り上げてきたものをあっさりと奪い去ってしまった津波。

そこで暮らす数多の人々の平凡で幸せな日常をあっという間に飲み込んでしまいました。そこに起きた事実を知って頂くことで、何かそれぞれに見えてくるものがあればそれなりに意味があることなのかもしれません。

決して涙がこぼれるような話や胸を打つような話ばかりではない厳しい現実がそこにあります。美談に仕立て上げられるのはかなわない・・・というのが義兄の本音だと思います。
もだえ苦しみ挫折しながら、それでもなお日々の暮らしと向き合ってきたたくさんの人達が直面している現実なのです。

義兄が働いていた診療所と避難した時の事を説明した動画(撮影:夫)です。

【診療所内部】

【避難した道】

【ニュース映像】

小さな一個人として出来る事はないか、でも出来る事は限られているのではと悩み迷い、胸を痛めている方も多いと思います。私もその一人です。でも向き合い方は100人いれば100通りでいいのだと思います。

元気な私達が飾られていない事実をきちんと把握しながら健全とした日常を送る事も回り回って被災された方々のサポートに繋がっていくこともあるのだと思います。
三陸の美味しいわかめやホタテ、カキや秋刀魚を早く食べたいと願うことでもいいのだと思います。風評に惑わされずに福島の美味しい野菜を買うことでもいいのだと思います。

私達も義兄やYちゃんに話をよく聞きながら自分達の出来る事を模索し、こちらでの毎日を今まで通り元気よく過ごして行こうと思っています。

|

« 義兄家族を訪ねて | トップページ | 従兄と一緒に »

コメント

こんばんは。

今回の東日本大震災により、被災されました多数の皆様、及びご家族の皆様に対し、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。

3月11日の地震から、私もステラさんのご家族の事が気になっておりました。皆さんご無事で本当に良かったです。

今も被災地で精一杯頑張って皆さんの為の活躍されているお兄様は素晴らしいと思います。やはり神様が、沢山の人に愛を与えるよう、地上に降り立った方なのだと思います。
心より尊敬し感謝いたします。

今回の天災は、日本だけでなく世界の人々が、人と人との繋がりや、自然、動物生きとし生けるものに対して、思いやり・愛を持たなくてならない、本当に大切なものは何かと、改めて考えなくてはならないと教えてくれたものではないでしょうか。理性ではわかっていても、本当に皆が心から理解して実践していなかったのではないでしょうか。

特に東京に住んでいると、生活が少しずつもとに戻ってくるだけで、被災地の大変さや皆さんの頑張りを忘れてしまうと思います。
今は日本の国民皆が協力して、明日の日本の為に明るく前向きに生きていかなくてはならないと思います。

どんなに小さなことでも1億人以上の人が力を合わせれば、大きな明日に繋がると信じております。

お兄様ご家族のご健康とご活躍をお祈りいたします。

投稿: Qさん | 2011年4月10日 (日) 22:42

Qさん

ご心配頂き、本当にどうもありがとう。
そして暖かいコメントをとても嬉しく読ませて頂きました。

震災後、翌日の午後遅くまで安否が分からずに、本当に心配でした。
テレビに映し出された田老のあまりの惨状に家族は誰も口にしなかったけど、心の中で少なくとも家族全員の無事は望めないかもと覚悟していました。
夫も私もテレビに映し出される映像をただ無言で食い入るように見入るばかりでした。

義兄は家族から見れば時に頑固すぎる程の志を持って、地域医療に取り組んできました。
一人の力では限りがあると何度も家族で喧嘩(議論?)をしてきました。
いわゆる「医療崩壊」の真っ直中に身を置き、葛藤、挫折や苦しみに悩みながら、今年度限りで田老を離れると決心した矢先の出来事でした。

こうした極限状態の中では人間の悲しい一面もあぶり出されてしまうけど、それ以上に人間には人を思いやる温かい心と絆があるのだと同時に強く感じてもいます。
そうした力があれば日本は苦しみながらも明るい明日へ向かって行けると信じています。

それに地球は人間だけのものではないという事も・・・。宇宙から見れば、人も犬も草木もみな同じ命なんですよね。

平凡な毎日がどれだけ輝かしい贈り物なのかをいつも心の片隅に感じて、私もささやかな毎日を真摯に生きていきたいと思っています。

もう少ししたら、はなすずとの平凡な毎日を記事に出来る日が来ると思います。またはなすずブログを覗きに来て下さいね(*^-^)

心に響くメッセージ、どうもありがとうございました♪

追伸:
Qさんってさんももちゃんだよね?
間違っていたらごめんなさい(汗)

投稿: Stella | 2011年4月10日 (日) 23:46

ごめん!まさにさんももです。間違えて別のところにつかっている名前を書いてしまった!!

投稿: さんもも | 2011年4月12日 (火) 21:58

♪さんももちゃん♪
いいの、いいの(*^-^)
でも、さんももちゃんかなって分かる私ってすごくない?
さすが20年以上の付き合い♪

でも、私のメール宛に届いたコメント着信のお知らせをよく見たら、ちゃんとさんももちゃんのメルアドが載っていたの。
数日たってやっと気が付いた(^_^;)

お互いそそっかしいのも昔から変わってないよね(笑)

投稿: Stella | 2011年4月12日 (火) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義兄家族を訪ねて | トップページ | 従兄と一緒に »