« もどかしい | トップページ | 義兄家族を訪ねて »

希望

奇跡的にほんの短い間通じた携帯の電波。
「家族全員無事」
夫の実家に涙声で義兄のお嫁さんから連絡があったのは地震の翌日でした。

その後、連絡が全くつかずどんな小さな情報も見逃すまいとテレビやネットに張り付く日々でした。刻々とテレビに映し出されるのは地震の爪痕ばかり。
でも、家族がすがる思いで探すのは、家族の安否と無事ならどこでどうしているのかという情報なのです。

津波にさらわれた町の映像から、義兄達の家があった辺りを必死に探しました。
マッチ箱をひっくり返したような光景の中から、僅かに残る手がかりを探します。
跡形もありませんでした。
そこから目を移しても、広がるのはどこまでも広がるがれきの山、山、山。

地震から10日たって、やっと届いた義姉からのメール。
がれきの山の中から少しでも家族の品を探そうと歩き回っていると書いてありました。

「毎日色んな所から色んな物が見つかっているよ」
「今日は奇跡的に通帳ケースを見つけた。なんか元気が出てきた。」
なんどもなんども読み返します。

日が経つにつれ少しずつ、連絡が取れるようになってきました。
「屋根が見つかったよ。なんとその下から桐箪笥を無事発見!洋服は洗ったら着られそう」

地震当日はたまたま車に愛犬サスケをのせて移動中だったそうです。
大きな揺れを感じて、末っ子を迎えに行きサスケとその子を先に高台に逃がしたそうです。
その後、走って小学校に二人の息子を迎えに行き、家に何も取りに戻らず、ひたすらに高台を目指したとのことでした。

もし家に戻っていたら義姉と二人の息子は助からなかったそうです。
義兄も診療所から入院患者さん達の避難を終わらせ、すんでの所で助かったそうです。

こうした紙一重の所で失われた数多の尊い命、残された家族の方の気持ちを思うと言葉が見つかりません。
こんな事があっても一日は変わらず24時間で過ぎていくことが不思議にさえ思えてきます。

ありがたいことに義兄の様子を新聞やテレビが取り上げて下さり、ヒゲが伸び放題になった彼の顔を見ることができました。歳を取った義両親は田老へ行くことはままなりませんが、随分と安心したと思います。

「ここの人達が、ここの人達の力でずっと生きていけるような長期的な支援」という義兄の言葉が胸に響きます。

何をどうすればいいのかは、そして出来ることは人それぞれでいいのだと思います。
ただ、気の毒に思うばかりではなく、一人一人が我が身に置き換えて寄り添う気持ちを忘れないでいたいと思います。

今週末、義弟と夫の弟コンビで田老に行って来ます。
はなとすずのクレートを降ろし、積めるだけ荷物を積んで様子を見てきて貰います。

「希望」という言葉の深さをかみしめながら、一日も早く明日へ向かう力を取り戻せるよう心から祈り、ささやかでも私達のできることを考えていこうと思います。
そして、飼い主とはぐれてしまった動物たちが少しでも多く飼い主の元へ戻れますように。新しい幸せを見つけられますように。

|

« もどかしい | トップページ | 義兄家族を訪ねて »

コメント

こんにちは。
お兄様が、あちらの方で医療に取り組んでいらっしゃるという事を以前からお伺いしておりましたものですから、とても気にしておりましたが、なかなかお電話する勇気がなくて・・・。
もしかしたら、なんて考えてしまってました。
でもご家族がみなさんご無事との事、自分のことのように喜んでおります。
ご主人様があちらにいらっしゃるようで、大変な道のりだと思いますが、お兄様ご家族と無事にお会いできます事を、お祈りせずにはいられません。
長い支援が必要であることを改めて感じました。

私たちが今ここで出来る事は小さい事ですが、
常にいろいろな場所で起こっている災害は他人事ではなく、受け止めていかなくてはならないですし、日頃からどんな事が世界中で起こっていて、どんな事が自分自身で出来るのかを考える事が大切なのではないかと思いました。
とても身近な方が被災されて、日々大変だと思いますが、お力落とすことなくがんばってください。

投稿: chappy | 2011年3月29日 (火) 11:48

chappyさん

ご無沙汰しています。
お元気ですか?
お陰様であの地震でも「うちは大丈夫」って安心していられました。ものすごい揺れで、怖かったですね(涙)

会社からその日中に帰れましたか?

義兄一家の事は本当に心配で、誰も口に出さなかったけどテレビの映像を見る限り最悪の結果はみんな頭の片隅で覚悟はしていたと思います。
それほど甚大な被害が、宮古だけでなくたくさんの場所に及んでいることに、呆然としてしまいます。

そんな中でも時間だけは変わらずに過ぎていきます。

夫の一族はバイタリティに溢れているので(必要以上に(^_^;))、無事が分かった途端にてんでに「ああしよう、こうしよう」と行動し始めるので大変です。
なぜか嫁の私が中継ポイントになっているので、そちらをまとめるのに四苦八苦しています(笑)

今週末、夫と義弟が様子を見てくるのでもっと詳しいことが分かると思います。

原発も早く落ち着いてくれるといいですね。

こんな中、chappyさんを始めみなさんもお仕事大変だと思いますが頑張って下さいね。
また、ゆっくり近況報告を聞かせてください♪
楽しみにしています(笑)  

ご連絡、ありがとうございました。
本当に嬉しいです(*^-^)

投稿: stella | 2011年3月29日 (火) 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もどかしい | トップページ | 義兄家族を訪ねて »