« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

すず 5歳の誕生日♪

今日(8月31日)は、すず5歳の誕生日birthday
おめでとう~♪
兄弟犬のブンちゃん、太郎くんもおめでとう~♪

Photo

お転婆でハイパーだけどとってもお利口さん。
恐がりなのに向こう見ず。
天真爛漫で甘えん坊。
ご飯よりもボールが大事♪
そしていつでもどこでも、とってもハッピーだよね。

君の事を語ればきりがない(笑)
君を見ているとみんながおもわず笑ってしまうよbleah

いつまでもそのままのすずでいてね♪

| | コメント (6)

浦和レッズ ハートフルサッカー

今日は「レッズコーチ陣がサッカーの楽しさを伝えるハートフルな一日♪」、浦和レッズハートフルサッカーに息子と参加してきました。(応募に当選しましたwink
低学年の部(1年~3年)に参加し、学年毎のグループに分かれ、子供達はサッカー、親は見学です。
Photo
左側で手を挙げているのが息子。こっちにパスを出して~って言っている、多分。

子供達は無邪気で一生懸命です。
初めて会ったのに、声を掛け合いながら懸命にボールを追いかけます。
この中に未来のJリーガーはいるのかな?

練習のあとは、保護者は明治製菓ザバスの栄養セミナーに参加し、その間、子供達は埼玉スタジアムツアーですheart04
普段は入れない監督や選手達が座るピッチサイドのベンチにも座らせて貰ったようです。選手が入場する際にかかる音楽を流してもらい、選手達と同じように入場して大興奮したみたい♪
私も埼スタツアーの方がよかったなぁcoldsweats01

Photo
明日は知り合いが家元をしている日本舞踊の発表会のお手伝いをした後、はなすず孝行をしに日光と那須へ行ってきます。夜の出発だからちょっとハードだけど、やっと夫がまとまった休みを取れたので、リフレッシュしてきます♪

今日のレッズvs広島も2-1で負けてしまったので、私もリフレッシュが必要なのさ~weep

| | コメント (0)

第22節 VS 柏レイソル

日が落ち始めたら暑さが少し和らぎ「今日はいけそう~♪」って思ったんだけど、「浦和1-4柏」で負けてしまいましたweep
Stadium_3
スタジアムを行き交う人達もみんな「今日こそは…」って思っているように見えるのは気のせいではないと思います。
Photo
「赤い父と息子」
いつもキックオフ2時間前にはスタジアムについています。
「 MATCHDAY PROGRAM 」(一部300円)で情報収集wink 

Hand_in_hand
選手が苦しい時に、あともう一歩を踏み出す後押しになるような気迫のこもった応援。

Eleven_2
今日こそ苦しいトンネルから抜け出せますように…。

Photo_2
スタジアム中が心をあわせて・・・。

Result
平日19:33にキックオフ。
前半途中まで「やっぱり、今日はいけるかも」って思ったのにな…。
昨日の柏はいきいきとプレーしているように見えました。

それでもセットプレーから闘莉王の闘志溢れるヘディングで1-2とした時は、「このまま追いつける!」ってきっとスタジアム中が思った。

Photo_3
でも、でもこの1点はまだトンネルの出口へは繋がっていませんでした。
辛い…よね。
4点目が入った時は、いつもは負けている試合でも途中で席を立つ人はほとんど見かけないのに、ちらほらと帰路につく人がいましたweep
でも諦めずに最後まで戦う選手を後押しするようなゴール裏の応援に合わせて、バックスタンドからも声と手拍子が…。

Photo_6
試合終了後、サポーターの元へ挨拶へ行く選手達の足取りも重いように見えます。
中にはブーイングをする人もいるけど、この辛い連敗を思えば全然少ないようにも思えます。
それは多くのサポーターが選手達が新しいレッズのサッカーを生み出そうともがいているって分かっているからだと思います。
そして、ぶれて欲しくない、このまま必死に貫いてって思っているから…。
応援する側も一瞬折れそうになる心を抑えて、信じて見守りたいって思っているから…。

今週末はパスサッカーに定評のあるサンフレッチェ広島戦。
柏木選手や佐藤寿人選手がいるけど、レッズも坪井と啓太が出場停止明けで戻って来ます。辛い試合になりそうだけど、気持ちを切り替えて頑張って♪

| | コメント (0)

浦和レッズ リーグ戦4連敗…(涙)

15日にアウェイで行われた対ガンバ戦。(スカパー観戦です)
後半終了間近に投入された播戸選手にロスタイムに一点を押し込まれてしまいましたweep 連敗しているけど、毎回、前の試合の反省点を懸命に立て直して来たんだろうなぁ…って感じられる部分が多々見られるだけに本当に切ないですcrying

一度は阿部勇樹選手が必死にクリアしたのですが、このボールを再度、播戸選手に拾われてしまいゴールになってしまいました。
録画した試合をもう一度見てみたけど、あともう少しでこの長いトンネルから抜け出せそうな予感もしています。

あぁ、でも切ない…weep 選手達はあんなに必死に頑張っているのに、なかなか報われないのが切ないです…。

Photo
No.2 坪井慶介  No.22 阿部勇樹  No.34 山田直輝  
No.4 闘莉王   No.23 都築龍太  (直輝君以外は結構偏りのあるポジション…wink


リーグ戦4連敗…ともなると色々雑音も聞こえてくるけど、そんなの気にしないで今のサッカーを貫いて欲しいです。
選手達が「今のスタイルを絶対にくずしちゃいけない」って決心で必死に結果を出そうとしているのに、それを周りでサポがヤイヤイ言ってどうするのangry
それは負けちゃうと本当に悔しいけど、一番悔しいのは選手達に決まっています。
ただイライラをぶつけるだけのヤジ(叱咤激励じゃなくてただのヤジ…ね)は自分ちのお茶の間だけにしてちょうだい…ってスタジアムで思っています。

Gor_for_it
「夜明け前が一番暗い」って言うでしょ。
ありきたりかもしれないけど「産みの苦しみ」って言うでしょ。
「ほんとにそうだったね」って笑える日が必ず来る。
みんなの努力が報われる日が必ず来るって信じて、19日の柏戦を応援しに埼スタに行ってきますgoodshine 次節は累積警告で坪井慶介と鈴木啓太が出場できないのが心配だけど、他の選手にとってはチャンスだものね。頑張って欲しいです。

それに私、オフィシャルHPで試合前日と試合後に発表されるフィンケさんのなが~いコメントを読むの結構快感になってきているし…。
でも、黒地に小さな白文字は目がチカチカしてしまうので、フィンケさんのなが~いコメントをじっくり読むには不向きなデザインだと思うんだけどな…sweat01

えっ、ひょっとして老眼の始まり??
いえいえ、絶対にそんなことはありませんcoldsweats02

| | コメント (0)

暇な時は…

ただいま小学生は夏休み真っただ中coldsweats01
子供はハッピーだけど、母は毎日のお昼ご飯に頭が痛いsweat01

そもそも三食の中でお昼ご飯の献立が一番悩ましい~sad

そして雨が続いたり、かんかん照りだったりして思うように外に出られない子供達。
でも、どんな時も子供は遊びを見つけ出す名人。
Photo
最近二人のお気に入り、「ワンワンごっこ」←正式名称は「はなすずごっこ」と息子から訂正の要求ありcoldsweats01
息子も犬になって二人でさんざん転げ回って、じゃれあって、疲れてコの字になってお休みなさいwink
Photo_2
ジタバタする二人、いえいえ二頭を眺めながら無邪気な子らをちょっと羨ましく思う母でした。

| | コメント (2)

明日は清水戦(Jリーグ第20節)

ここしばらく記事にはしていなかったけど、埼スタでのレッズの試合はしっかり観に行っていますgoodshine
Photo_2
カレンダーに書き込まなくても雑誌の発売日は忘れませんsweat01 試合の前日と後に「レッズのオフィシャルHP」で発表されるフィンケ監督のコメントも忘れずにチェックですwink
一週間のスタートをハッピーな気分で迎えるかブルーな気分で迎えるか…。それはひとえに週末の試合結果にかかっている?
Photo_2
Photo_3
【第17節 vsサンフレッチェ広島戦】

おまけに他のチームの試合内容まで気になるものだから、週末はそわそわ落ち着きませんsweat01 いつの間にやら他チームの選手の顔と名前がかなり一致するようになってきましたcoldsweats01
Photo_4
【第17節 vsサンフレッチェ広島戦】

今シーズンから新しい監督を迎え、選手が一丸となって今までとは違うプレースタイルを必死に構築している途中です。
「長い旅」には困難がつきものです。勝ちたい気持ちが上手く噛み合わない時もあるでしょう。思うような結果が出ない試合が続くとイライラと悲しいヤジを飛ばすサポーターも出てきます。前節の名古屋戦で後ろに座っていた男性がそうでした。
Photo_5
【7月25日の名古屋戦…。】

一度狂ってしまったリズムを何とか取り戻そうと必死に戦う選手達にイライラを言葉にしてぶつけます。3点目を入れられてしまった時、必死に涙をこらえていた息子はその男性が発した心ない言葉をきっかけに号泣してしまいましたcoldsweats01

チームや選手を愛する気持ちを込めたブーイングや叱咤激励の厳しい言葉はあっていいと思います。でも選手の背番号と名前がろくに一致しない、応援の声も出さない人にピッチで戦う選手を罵る資格はありません。

そんなことは小学2年生の息子にだって分かります。
なにかと悔し涙にくれる息子には「苦しい時にこそ応援しないでどうするsign01」と言い続けているので、後ろであれこれうるさい男性の言葉が許せなかったようですsweat01

Photo_6

【若い2人。34番 山田直輝選手(19) & 24番 原口元気選手(18)】
試合後、悔し涙をこらえている直輝選手の顔に心が痛みました…。


「長い旅」に出ているのは選手や監督だけではありません。
応援する私たちも共に長い旅路を歩んでいるのです。こんなこと、大半のサポーターはよ~く分かっていると思います♪

でも、本音。
明日の清水戦はなんとしても勝ってほしい! 
同じ相手に連続して負けるのはとっても口惜しい…bearingsweat01(7/29のナビスコ杯準々決勝を3-0で負けてしまったのですweep
明日はホームで借りを返しましょうgoodshine

| | コメント (3)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »