« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

♪今年最後の・・・♪

Photo皆さんがきっと大掃除やお正月の準備で忙しくしている中、今年最後のはなすずの面会に行って来ました。途中雨が降りとても寒い一日でしたが、持ち寄りのお料理と美味しい焼き肉でミニミニ忘年会が開かれました。楽しいお喋りで大笑いをしたお陰で少し体が温まったような・・・?

Photo_2 相変わらずはしゃぎまわっているすず(^_^;)。体全体から満ちあふれるエネルギーで私まで元気になりそう♪Photo_3

自分の家以外のラブを沢山見られるというのはとても幸せなことだと思います。「楽しい!」ってことは勿論だけど、私にとっては「なんとなく我が家流」を定期的に見直す貴重な時間になっています。Photo_4

今年は「不惑の一年」になるはずの私でした(^_^;)
「不惑」どころか、至らない所に気が付かされるばかりの一年でしたが、その事こそが「収穫」だったと思えるように、来年に繋げていきたいと思っています(*^_^*)
色々な事があった一年だったけど、全てこれから築く幸せの為の準備だったと思えるよう頑張ります(^_-)

皆様そしてワン達にとっても幸多い一年となります様に!
来年も引き続き、私達家族&「はなびより、すずびより」をよろしくお願い致しますm(_ _)m♪

| | コメント (2)

☆家の中に入ってみました☆

このお正月休みは長いこともあり、防犯の為にも今年中にサッシを取り付けるよう大工さん達が頑張ってくれています。3人~5人の方が手際よくかつ丁寧に作業して下さっていて感謝・・・です(*^_^*)土曜日もクリスマスイヴの今日も作業があったので、大工さんがお休みの日曜日に初めて室内へ入ってみました♪

Photo
Photo_3 ちょっと贅沢をして玄関ホールは広めに造りました。玄関ドアは家の顔なのでかなり早い段階から色々とショールーム巡りをしました。 当初は新宿にある「リビングデザインセンターOZONE」で「BIG BOY」(写真左)というメーカーのドアを見て気に入ったのですが、あまりの値段の高さにあっけなく断念(お手頃な普通車が買える値段です)(>_<)。設計士さんの「売る気があるんですかね?」の言葉に激しくうなずく私達でした。各メーカー共、両開きのドアは種類が少ない上にシンプルなデザインの物は思いの外ありません(T_T)。あちこち巡った挙げ句、新日軽の「Jism」というシリーズの物に決めました。どんな感じになるのかなぁ?

Photo_4 間取りを決めるまでには、みんなで本当に知恵を絞りました。コンセプトとしては「部屋を細かく区切らない」という事が大前提です。その方がはなすずにとっても居心地がいいかなと期待しています。色々と考えあぐねて、お風呂や洗濯機など家族の水回りは2階に設置しました。
特別に「はなすず仕様」にした所は少ないのですが、シャンプーをしたりトイレをしたりする部屋を1階に作りました。使い勝手は未知数で、一番不安が残る場所です(^^;)→(これはまた別の機会にアップします)

Ld_2 リビング・ダイニングでポイントになる所は大きな窓でしょうか。夏の陽射し対策で、2階のテラスが少し張り出しています。
この窓からは段差なしで幅7メートル奥行き2メートルほどのテラスに出られます。
日向ぼっこが大好きなはなすずがおばあさんになってあまり歩けなくなっても外の空気に触れられる居心地のいい場所になればいいな・・・と思っています。庭が少し狭くなってしまったけど・・・。キッチンから見て、ダイニング左側にはパソコンコーナーを作りました。造作でテーブルや本棚などを作ってもらい、私の作業スペースになる予定♪

Photo_5 シンプルな間取りの我が家ですが、階段を上りきった2階部分は10畳程のオープンスペースになっています(ホールの様な感じ)。この部分は吹き抜けになっていて、天窓をつけました。ここから階段で小屋裏(ロフト)へ行けるようになっています。

Photo_61階は無垢のオークのフローリング(リボス社の自然塗料で塗装)とスイス漆喰仕上げになります。ステキになるはずなのですがトリプル・オーナーの方達にはお馴染みのあのお風呂マットをひく事になるのでせっかくの床が隠れてしまいます(T_T)。とっても、とても残念なのですがはなすずの足腰の健康には変えられません。まぁ、大事なお客様の時にははなすずはハウスに入って貰ってお風呂マットは撤収すればいいかなぁ・・・と (^^;)。

毎週末行われている打ち合わせは来週から「現場」にて・・・になります(*^_^*)立体で見ると平面図では気が付かなかった所に目がいくようになり、「この期に及んで・・・」的なアイディアが浮かんだりするのがちょっと怖かったりして・・・(^^;)

ちょっと疲れ気味で癒されたい私が昨日見た夢は、なぜか新居の浴槽で沈んだボールを拾って遊ぶすずの夢でした。トリプルの運動場で楽しそうなすずを様子を見たからかなぁ?

| | コメント (2)

天使がくれたもの

私が20歳の頃に90歳代で亡くなった父方の祖父は熱心なクリスチャン(プロテスタント)でした。長く日本を離れて暮らしていた私達家族はなかなか会う機会がありませんでした。時折届く、宛名を誰かに書いて貰ったエアメールには、いつも満開の桜や鉢植えのシクラメンなど植物の写真が同封されているのです。そして私達は「花の写真じゃなくておじいちゃんの写真だったらいいのにねぇ」と笑うのがお決まりでした。
Xmas_3

明治生まれの祖父がクリスチャンになったのは、まだ若かった彼が床屋さんの待合室で見慣れない本を手に取ったのがきっかけでした。「刑期を終え出所したばかりの男性が散髪代の代わりにと置いていったんだよ」と床屋のご主人が答えたその本は聖書だったのです。これを機に祖父は信仰と伝道に捧げる人生を送ることになるのです。話としては興味深いのですが、家族は経済的な事も含めとても苦労したようです。
病にふしていた祖父は、一時退院する毎に帰国して間もない私達家族の家で過ごしました。植物がとても好きだった祖父は父に支えられながらベランダに咲く草花を「きれいだねぇ」と眺め、一緒に囲む食卓ではいつになく箸が進み幸せそうに見えました。
Angel

祖父と私しか家にいなかったある日のことです。
ふと気がつくと祖父は横になったまましきりに片手で空を掴む様な仕草をしているのです。「おじいちゃん、何かいるの?」と聞く私に祖父はこう言いました。「天使だよ。天使が笛を吹いて飛んでいるんだよ。あんたには見えないのかい?」
その時の私は動揺を隠して「ああ、本当だねぇ、おじいちゃん」と答えるのが精一杯でした。

Photo でも、今ならもう少し気持ちを込めて「本当だねぇ」と言ってあげられるのにと時々思い出すのです。小柄で華奢な体のわりにはごつごつと節くれ立った手で掴もうとしていたのは、彼が多くを犠牲にしてでも歩んで来たかった人生のそのものだったのでしょう。
「信じる者は救われる」という言葉が意味する真意は私には分かりません。「信じなくちゃ救われないの?」なんてへそ曲がりの私は思ったりもします。でも生涯をかけて信じていけることが何か1つでもあれば人は強くなれるということを、それから程なくして亡くなった祖父は私に身をもって教えてくれたのでした。
今の年齢になって、祖父が人生の最後に見た天使の意味を時々考えるのです。
答えはなかなか見つからないけれど・・・。

| | コメント (0)

☆上棟☆

Photo_7 寒くても雨だけは降らない日が続いていたのに、この日だけ予報は雨・・・(T_T)上棟をするかどうかは朝一番に決めるとのことで、ハラハラしながら朝を迎えたのでした。
早朝になった電話の知らせは「決行!」でした。昼頃には雨が上がるとの天気予報を信じて、総勢10人の大工さん達が冷たい雨の中、集まってくれました(*^_^*)
Photo_9
悪条件の中、素晴らしいチームワークでテキパキと作業が行われていきます。
Photo_3 コンコンという木槌の音と木の香りが漂う中、どんどん家っぽくなっていきます。う~ん、アクロバティック(*^_^*)
Photo_4 午後には雨も上がりました。棟が上がった所で今日の作業は無事終了です。
あとは神様に工事とその後の家の無事をお願いして、あっという間にワクワク☆ドキドキの一日が終わったのでした。
Photo_6 我が家はいわゆる「上棟式」は行いませんでした。その代わり10時と3時のお茶の他に、少しボリュームのあるお昼を差し入れしました。(足りたのかちょっと心配ですが・・・)
お弁当の他に用意した物はテーブルの上にお湯の入ったポット、紙コップとスティックタイプのコーヒー、紅茶、お菓子類、ミカン、お昼用にインスタントのおみそ汁です。あとは作業終了後に感謝の気持ちを込めてご祝儀をお渡ししました。

上棟を無事迎える事ができて、少し気持ちが落ち着きました(^_-)。現在、家はシートで覆われてよく見えなくなってしまいましたが、屋根の工事が3人程の大工さん達で進められている所です。
次回の「家造り編」では、なんのご紹介ができるでしょうか・・・。

| | コメント (2)

♪はなすず面会♪

風のない穏やかな週末に、はなすずに会いに行ってきました。Hana1208
澄んだ空気が運ぶ自然の匂い、土や落ち葉の感触が犬を元気にしてくれます。それを眺める私の中からも心身の疲れがするっと抜け落ちて行くのです。

Hana1208a

君の目に映る私の姿、私の目に映る君の姿・・・。
言葉のいらない幸せな一瞬・・・。

Photo

そして、ボールさえあれば他には何もいらない幸せなこのお方・・・(*^_^*)

Suzu1208a

失敗なんか気にしない!ただ前進あるのみ・・・でしょ?
好きな事に理由なんかいらないものね(^_^;)

Shunsuzu1208_2

汚れることを気にしてちゃぁ、犬と遊ぶ幸せも分からない。
こうして遊んだ楽しい記憶は君が大人になってもきっと消えない。
洗濯なんかいくらだってするよ。

Suzu1208b

あぁ、なんて楽しそうなこの笑顔(*^_^*)
なのに、夫が放ったこの言葉 → 「子豚が走ってるみたいだなぁ」
「ひどい!」と言うつもりが思わず「ホントだぁ~」って吹き出してしまったのでした。
あ゛ぁ~、もう子豚にしか見えなくなってきた(^_^;)!

「楽しい、愛おしい、切ない・・・」そして言葉にしきれないたくさんの気持ちを全部ひっくるめて、ラブと暮らす素晴らしき日々!

| | コメント (6)

☆基礎工事☆

久し振りに家関連の記事です。 口で説明するのが難しいので写真に頼ります(^_^;)画像がちょっと重いかもしれませんm(_ _)m
Photo_12

配筋が組まれて間取りがなんとなく想像できる様になってきました。

ミキサー車の登場でちょっとテンションがあがります。
生コンがポンプ車を経由して流し込まれることを初めて知りました。

Photo_6

それぞれの役割分担でテキパキと作業が進められていきます。

Photo_11

流しこまれたコンクリートは最終的にコテでキレイに仕上げられて行きます。

Photo_9

コンクリートが敷き詰められるとなんとなく家っぽく見えてきました。
立ち上がり部の型枠が設置されると間取りの広さが具体的に分かる様になります。
「ここ、ちょっと狭かったかなぁ。」とか「思ったより広かったね。」なんて実感でき、期待と不安が入り交じった不思議な気持ちです(^_^;)

Photo_10

型枠が外されると更に家っぽく感じます。
ここまでたどり着くのに長かったような、短かったような・・・。ちょっと一山越えた気分です(*^_^*)
来週後半には棟が上がる予定なので、「家っぽさ」は更に増すでしょう♪
楽しみなのですが、色々な事を最終決定しなくてはいけない段階まできていて、「もう変更できないのかぁ~(>_<)」と思うと迷いが生まれるものですね(^_^;)
さぁ、これからどうなって行くのでしょう??

| | コメント (2)

また、写真で遊ぼう~♪

Yahoo(だったかな?)!の記事にこんなサイトが紹介されていたので、早速遊んでみました(*^_^*)あら、不思議、なんとなく、それっぽく見えるような気が…(^_^;)
Magmypictime

Magmypicng Magmypictime2

オリジナルの見出しなど写真上にアレンジした物をアップロードすればもっとそれらしくなるかも(^o^)

皆さんもお気に入りの写真で試してみてね♪

家の方は基礎がほぼ完成しました(^o^)上棟は来週の木曜日の予定です。ちょっとずつ実感が出てきました♪

| | コメント (4)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »