« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

たまには、はなすず孝行♪

トリプルスター仲間のnaoさんのブログに愛犬さくらちゃんをシャンプーした記事が載っていたのに後押しされ、私も負けじと張り切りました(*^_^*)。我が家では夫がシャンプー担当、私がドライヤー担当なのですが、夫の仕事が忙しく週末も家にいない日が続くと、大雑把な私が重い腰をあげることになるのです。
Hanasuzugarden_1 「四角い部屋を丸く掃く」を得意とする私のシャンプーは几帳面な夫に比べると仕上がりに差がある様に思いますが、はなとすずにとっては短時間で仕上がるのでラッキーかも?でも、すすぎだけは念入りに・・・ね(^^)/
フワフワの手触りとシャンプーの残り香は、結構な重労働も忘れさせてくれるほど気持ちがいいものです♪仕上げのドライヤーはウトウトしながら気持ちよさそうにしているので、ちょっとしたリラックス効果もあるのかもしれません。
特にはなはドライヤーを見せると小走りに寄ってきてスタンバイするほどのドライヤー好きです(^_-)。止めると「もう終わり」って顔をするのを見ると「いいご身分だねぇ」と苦笑いするのと同時に、「しょうがないね~」と乾いた所にもう一度温風をあてながら、のどかな幸せを感じたりするのです(*^_^*)Hana_1
忙しかった夫がようやく休みを取れたので一週間ほど日光と那須でのんびりしてくる予定です。家族でゆっくり過ごす時間も大事だけど、たまにははなすずに自然の香をたっぷりと味わってもらいたいのです。家でぽや~っとしている2頭も可愛いけど、自然の中で第六感までフルに働かせるかの様に目をきらめかせる犬を見ているとこちらまで感性が研ぎ澄まされるような気分になります。また、この様子は帰ってからお知らせしますね♪
(上の写真ははなだけど、うちの本当の水の化身はすずです(^_-)。その模様はまた別の機会に☆)

| | コメント (3)

「いけないって言ったでしょ!」

Photo_180   この2週間、続けて土曜日の夜に幼稚園のお母さん達の「飲み会」がありました。1回目はクラスの集まり、2回目は役員会の打ち上げでした(^o^) 。6時頃からスタートし12時頃まで飲んで食べてお喋りに花を咲かせても、まだ物足りないのはなぜでしょう(^_^;)
日頃、子育て、仕事、家事をこなす万能選手でいることを要求される女性陣は、しばし家庭を離れ、年齢を忘れて他愛のないお喋りに興じ楽しい時間を過ごしたのでした。ともすると「ママ」という役目に一人の人間としての個性が見過ごされがちですが、みなさん際だつ個性と手腕の持ち主なのです。私も大いに刺激を受け、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」の精神で邁進しようと密かに誓ったのでした(^o^)。
そうは言ってもラブラドール2頭とやんちゃ盛りの男の子の母親をしていると「いけないって言ったでしょ!」と連呼する毎日です(^_^;)。上の写真のように愛くるしい姿の時は「それもまた楽しい」のですが、怒りながらも顔はほころんでしまう時期はとうに過ぎています。いたらない飼い主振りは棚に上げ、腰に手を当て仁王立ちになる姿はかなり様になっているはず?
 
Photo_176 はなすずは叱られるとひとまず反抗することはありません(^_^;)。取りあえず、耳は頭に沿って張りつき、うなだれ、5歩ほど後ずさりします。そして仁王立ちで睨んでいる私を上目遣いに確認するとすごすごと近寄ってきます。頭から湯気が立っているのが見えるのでしょうか?
マズルを両手で軽く掴み、目と目をしっかり合わせ「いけないよ」と大声は出さずに低めの声でしっかり伝えます。「堪忍して下さい~」と涙目になっている様子からすると反省はしているようです。・・・が「わかったね。」の一言を合図にロープをくわえてしっぽを振り回しご機嫌取りする立ち直りの早さに、はなは我が家で「アカデミー賞女優」と呼ばれています(^_^;)。でも、この溢れんばかりの豊かな感情に触れるたび、たとえ叱っている最中にでさえラブラドールの魅力を再確認するのです♪
Max_1 そうそう、つい先日トリプル仲間のマックスくんが我が家に遊びに来ました(*^_^*)。よそのお宅にお邪魔したことは何度かありますがお迎えするのは初体験で、それはもうワクワクしっぱなしでした☆それもうちにはいない男の子♪マックスくんはとても穏やかな男の子で、年下のお転婆すずにしつこくされても「困った顔」になりながらもスマートにあしらってくれました(^o^)。その優しいマックスくん、すずがマックスママの肩に手をかけ強烈な「ペロペロ攻撃」を繰り出した時ばかりは「ウォウ、ウォウ~ン」となんとも言えない声を出して、まるでママを守 るかの様に割って入ったのはとても印象的でした。やっぱり男の子も魅力的ですね♪
3頭のラブがジタバタと動き回り人間の動線をことごとく遮る様子を見ながら「う~ん、3頭いるとこうなるのね~」としっかりシミュレーションした私でした(*^_^*)。マックスくん、また遊びに来てね~☆
Printemps今日のおまけ写真です。ここ数日の間に庭の様子がぐんと春めいてきました。ライラックや花カイドウの蕾もほころび始めクリスマスローズやクロッカスは満開です。アスチルベやタイツリソウなど宿根草の芽が顔を出し始め、一雨ごとの暖かさを感じさせる庭です。春はもうすぐそこ♪トリプルの春のホームカミングデイには我が家もお邪魔する予定です。みなさん、そしてたくさんのラブにお会い出来るのを楽しみにしています(*^_^*)

| | コメント (6)

子供の視点

Photo_167 どぎまぎしながら幼稚園の役員を引き受けたこの一年もようやく終わりを迎えようとしています。ここ2ヶ月弱は最後の大仕事である年長さんの為の謝恩会の準備に大わらわでした。書記の私は印刷物関係を担当していたので、諸々の制作物を可愛らしく仕上げるため、ここ一ヶ月パソコンに張り付く毎日でした。今は色々なデザインの素材が豊富にあるので、ある程度の物は個人でも作れるものですね。今まで「可愛い系」の素材に目がいかなかったのでとても新鮮でした。なんでも、自分のテリトリーから勇気を出してほんの一歩踏み出すだけで、新たな世界を体験出来るんだと実感させてくれた一年でもありました。Balloon 大人になると必死で風船をふくらませることなんて、あまりないですものね(^o^)。
そしてたった一年で一段とたくましく成長した子供達を見ていると、大人にとっては何げなく過ぎていく一年でも本当は実るのに十分なほど豊かな時間であったことに気づかされハッとするのです。犬でも子供でも自分と視点の全く違う存在と接することで思わぬ発見をすることがあります。発見と言うよりは、心の奥底に沈んで自分でも忘れていた感覚ががふとした拍子に浮かび上がってくると言った方が近いでしょうか。
Lullaby_4 息子にとってはなすずの存在は親が想像しているよりも遙かに大きいようです。ある日彼に唐突にこう聞かれました。「はなすずは僕より先に死んじゃうの?」幼稚園で何か言われたのか、以前テレビで犬を見送った方を見たのを覚えていたのか定かではありません。子供の口から発せられた「死ぬ」という思わぬ言葉に私は少なからず動揺し「死んじゃうってことはどういうことだと思うの?」と聞きました。「もう二度と会えなくなるってことでしょう?」と半ベソで答える息子の顔を見ながら私は「あぁ、そうだった。死ぬってことは二度と会えないってことだったんだ」としんみり思い出したのでした。Photo_170 もちろん大人には「死」が物理的な意味では「永遠の別れ」だということは分かります。でもとてもシンプルな言葉で「死」を表現した息子の言葉を聞いて、私たち大人は色々な言葉や世の有様を知りすぎているが故に、心の中にある本当はいちばん伝えたい肝心なことを伝えられないのかもしれないとも思ったのです。「大丈夫だよ。はなすずも君がちゃんとお見送りできるくらいお兄ちゃんになるまで待っていてくれるから」私も半ベソでそう答えながら、いつか誰にでもお別れが来ることを心に留めておくのはそう寂しいことではないかもしれないと思ったのでした。大切な存在と一緒にいられることが決して当たり前ではなく掛け替えのない幸せなんだってことを胸に刻んでおけるってことですから・・・。

| | コメント (4)

癒し犬?お笑い犬?

Photo_154犬と暮らす様になって「癒される」という言葉の意味をつくづくとかみしめています。毎日の食事や散歩、トイレの後始末。病気になれば言葉を話さない相手に右往左往することもあります。悪戯もするし、聞こえないふりをされることもある。叱ってみても飼い主の本気度を見抜くしたたかさもあります(>_<)。時に手のかかる相手です(^_^;)。それでも、物言いたげなつぶらな瞳に見つめられたり、体を預ける様にもたれかかってスヤスヤと寝息を立てられたら、憎らしい一面なんて全て帳消しになってしまうのです。我ながら単純だなぁと可笑しくなります。そんな純真無垢な姿なら犬好きならずとも心が癒されるのも無理もないかもしれません。
でも何もつぶらな瞳だけが魔法の力を持っているわけではありません♪Apologizing_hana_1 それは思わぬ所に身を潜めてこちらの不意をついてくるのです。私の目を盗んで大好物のティッシュを食べたはな。何も気づかず部屋に戻ってきた私と目があった瞬間、十八番の「ごめんなさいポーズ」(^_^;)。言わなきゃばれないのにね・・・。「す、すいません・・・」とでも言いたげな情けない顔とプルプルしながらポーズをキープするその姿がなんだか可笑しくて、笑いをかみ殺し、叱る声も振るえます(^_-)そして、気づかれないよう、心の中でそっと笑えば尖った気持ちもやんわりほぐれるのです。Suzu_bebe_2
晴れない気分や出口のないイライラで心が苦しい時、平穏なリズムで寝息をたてるすずと一緒にソファーに寝転がってみます。頭や体をなでていると気持ちが穏やかになってきます。このままちょっと一眠りすれば少しは元気になるかもしれない。そう考えて目を閉じているとすずの寝息はどんどんと勢いを増していき、音がうるさいどころか鼻息がくすぐったくて眠るどころじゃありません(^_-)。薄目を開けると目の前に見えるすずの鼻の穴が寝息の音に合わせて大きくなったり小さくなったりしているのが可笑しくて思わず触ってしまうのです。そのちょっぴり乾いた感触を指先に感じ、ほっこりと顔がほころべばもう一踏ん張りする元気が湧いてくるのです。
Staring_hana_3 ともすると賢く聡明で忍耐強いイメージが先行するラブラドールです。健気で真っ直ぐな性質とどんな言葉よりも雄弁なちょっと上目遣いの瞳も魅力的です。でも一緒に暮らしていると悪戯好きで食いしん坊、大らかで天真爛漫、そしてちょっとそそっかしい茶目っ気たっぷりの一面に大いに癒されるのです。繊細にしてひょうきん。ラブラドールはそんな相反するとびきりの魅力を持つ犬種だと思うのです☆

Photo_161   今日のおまけ写真です♪(花が咲き出したクリスマスローズ)
人間にとっては慌ただしく過ぎていく毎日でも、植物は確実に春の訪れをその姿に映し出します。まるでクスクスと楽しげな笑い声が聞こえるかのような生命力です。花粉症を言い訳に家にいるのが勿体なく思える春の息吹です。

| | コメント (8)

アルバム公開のお知らせ♪

Photo_151 もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、この度「はなすずアルバム」をオープンしました。ブログにアップしている写真を中心にちょっと手を加えて載せていこうと思っています(^o^)♪右側のサイドバーにある「マイフォト」からリンクされています。
頑張って少しずつ増やしていきますので、よろしかったらご覧下さいませ(^_-)~☆

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »