« 秋の木漏れ日 | トップページ | 今も昔も? »

アイチェック

この日曜日ははなすず実家へアイチェックを受けに行ってきました。犬にも「緑内障」「白内障」「網膜萎縮症」といった目の病気があり早期に発見できればそれにこしたことはありません。専門の先生が一頭ずつ丁寧に調べて下さり、それと同時に眼底にある「タペタム(輝板)」が光を受けると光るかの研究データを採取なさいました。

Photo_28 暗い部屋に入り瞳孔を開くための目薬を投与した後、効果が出るまでの間20分ほど外で静かに待ちます。その後部屋に戻り光が出るピストルのような形をした機器で眼底を撮影しました。
詳しいことは難しくてよく理解していないのですが(^_^;)、多くの場合犬の眼にはタペタムがあるために(眼底全体ではなく半分だけ覆われている)光を浴びると反射して光るそうです。はなはいわゆる「Tapetal Degeneration」と呼ばれるタペタムが欠如しているタイプで珍しいそうです。光らないからと言って何か問題があるということではないとおっしゃっていました。
Photo_34 
言われてみればはなは暗闇の中でもほとんど目が光らないのに対し、すずは夜行性の動物のように「ピカッ」と光るのです。淡い緑色をおびたビー玉のような感じで、以前、車で夜の日光を走っている時に出くわしたシカの目のようです。はなの目に慣れていたのですずの光る目が不思議だったのですが、これが理由だったのでしょうか?その他に「涙の量の検査」、「眼圧検査」もして頂きました♪検査結果は1ヶ月ほどで郵送して頂けるそうです。Photo_30 Photo_31







検査後もしばらくは瞳孔が開いたままなので、ラブ達はみんな眩しそうに目をショボショボさせているのが何とも可笑しく可愛らしかったです(^o^)。
最後に、元気をもてあましてたすずと遊んで下さった皆様ありがとうございました。帰宅後は2頭とも置物のように微動だにせず、熟睡しておりました(^_-)☆

Photo_33Photo_35

|

« 秋の木漏れ日 | トップページ | 今も昔も? »

コメント

アイチェックもHCD同様に
オーナーさん、ワン達の有意義な交流の場に
なっているのですね。
「是非、受診してください」と、言われましたが
12月3日は、お兄ちゃんのサッカー大会、妹のお遊戯会と
ダブルで予定が重なり、夫婦で手分け?して予定をこなしました^^;フゥ~!!

目をショボショボさせている2ワンも可愛いけど、
各々の格好で寝ている2ワンを見ているだけで
心から癒されそうです^^

投稿: トーマスパパ | 2006年12月 5日 (火) 08:12

トーマスパパさん
ココログのメンテナンスの為、アクセスできずお返事が遅くなって申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
アイチェックは毎年受診する必要はないのでたくさんのオーナーさん達にお会いすることはありませんが、やはりラブ談義に花が咲きます♪皆さん、ラブが大好きなんですね(^_-)~☆他のお宅のラブ達に会えるのがまたとても楽しいんです♪

投稿: Stella | 2006年12月 7日 (木) 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の木漏れ日 | トップページ | 今も昔も? »