« あっという間に12月 | トップページ | ようこそ、我が家へ »

すこやかに大きくな~れ♪

Photo_49 どうしたって顔がほころんでしまうこの写真。すずが生後3週間頃のものです。初対面は迎えに行った時なので、3ヶ月近くになっていましたが、ブリーダーさんが撮っておいて下さった写真のお陰でほんの一時しかないこの「コロコロ時代」の姿を今も時々眺めては思わずニッコリしてしまうのです(^o^)。

このなすがままの姿を写真で見ているだけでは、ラブラドールの子犬のやんちゃ振りは想像できないかもしれませんね(笑)。Photo_43 「伊達や酔狂で飼える犬ではない」とはすずの実家のブリーダーさんの言葉ですが、「ラブはお利口さんでいいわね」とおっしゃって下さる方には「とんでもなくやんちゃですよ~☆」と「ラブ=最初からみんな盲導犬」のイメージを払拭しようとささやかな試みをしています(^_-)~☆。 というのもせっかくの明るくフレンドリーなラブの魅力が一歩間違うと「迷惑犬」になりかねない話をよく見聞きするようになったからです。

「大人しいと思って飼ったのにやんちゃだったので知り合いに引き取って貰い他の犬種にした」という人もいました。ノーリードで近所の広場を走り回り夜桜見物をしている方のお弁当を略奪していった強者も目撃しました(^_^;)。呼び戻しの声などどこ吹く風のそんな姿も飼い主の方には可愛く映っているようでした。天真爛漫にノーリードで遊ぶ犬たちはそのうちに「ラブ軍団」とひとくくりにされて迷惑者扱いされてしまうのです。Photo_42 それはあまりにしのびない。犬に罪はないのにね・・・。

最初から上手にしつけの出来る人はきっといないでしょう。そう言う私も何年たっても「まったく、もう~(>_<)」と自分のいたらなさを棚に上げため息をついています(^_^;)。でもラブの明るく行動的な気質を理解し、飼い主として犬と共に成長していこうという気持ちがあるのとないのでは全然違うはずと自分に活を入れています(^_-)~♪

Photo_46 最近5歳になる息子の乳歯が抜けました。久し振りにすずの乳歯を引っ張り出してきて「こんな時期もあったなぁ」と懐かしく眺めてしまいました☆大人を成長させてくれるという意味では人間の子供も犬もある意味一緒なのかなぁと抜けた歯を眺めながらしみじみ考えた母でした(^_^;)。

|

« あっという間に12月 | トップページ | ようこそ、我が家へ »

コメント

あらららら~~~ぁ(~_~)
可愛すぎて目じりが下がるわ。。
パピーの写真を見ると、こんな時もあったのねと実感する瞬間ですね。
Stellaさんも抜けた歯をお持ちですか・・
実は私もコレクションしてます。(^_^;)
家の中で偶然拾ったものだけ、取って置きました。
前歯もあるのよ、今度見せましょうか・・
あ!よその子のは興味ないですね(^_^;)はいはい。

投稿: nao | 2006年12月14日 (木) 09:42

すずちゃんのなんて可愛いお顔!!
垂れ目も大きな手足も可愛いね。まさに「天使」。。
でもラブって世間では「賢い、お利口」ってイメージが先行しすぎていますよね。
ラブを連れていると必ず言われます「この犬、お利口なんよね。」って。でも私の周りには何十頭ってラブがいますが皆さん一様に「こんなはずではなかった」って言われます。それほど最初の1.2年は大変かも??破壊魔ですし子供や老人にも飛びつくし食い意地は張ってるし。。。まさに「悪戦苦闘」の日々を送ります。でもそんな飼い主たちも必ず言います「ラブほど魅力的なワンコはいない!」ってね。
次も飼うならラブだってね。
「手がかかる子ほど可愛い」ってことかな??
そんな魅力的なラブの代表(?)だったポチタマのまさお君が亡くなったとか。去年のルナの死を思い出して悲しい一日でした。

投稿: シュガーママ | 2006年12月14日 (木) 10:49

>naoさんへ
パピーの頃ってほんと最高に愛くるしいですよね~♪このぬぼ~っとした顔と今のお転婆ぶりが結び付きませんが(^_^;)。1ヶ月ぐらいのパピーを抱っこしてみたいなぁ(*^_^*)。
犬も前歯って抜けていたんですねぇ。私、気が付かなかったかも(汗)さくらちゃんの前歯、見てみたいです♪すずのは胃袋行きだったのかしら?息子の下前歯も一本行方不明なんですよね~。

>シュガーママさん
ラブの子犬のコロコロ振りはなんとも言えません(*^_^*)♪このラブリーさが後に「破壊魔」になるとは想像できないのは無理もないかも!?でも私も犬を飼い続けられる限りやっぱりラブを選んでしまうと思います。これって「はまってしまった」ってことなんでしょうかね(^_-)~☆シュガーママさんのお宅にはルナちゃんって家族がいたのですね。ラブちゃんだったのでしょうか。ルナちゃんとの思い出も宝物ですね☆

投稿: Stella | 2006年12月14日 (木) 20:33

はいルナは昨年の6月に「自己免疫性溶血性貧血」って言う厄介な病気で8才になる前に亡くなりました。毎日毎日夫婦で泣いていました。。
秋に遠い埼玉に住む2歳になる前のシュガーに会いました。「偶然・奇跡」って言うほどの出会いでした。
そしてこれまた不思議な位、ルナに似ています。シュガーを連れて歩いていると未だに「あ。ルナちゃん久しぶりだね元気だったの?」って言われるほどです。外見も性格も良く似ています。
ルナはシュガーの中で今でも生き続けているって思っています。

投稿: シュガーママ | 2006年12月14日 (木) 22:04

シュガーママさんへ
いつか必ず迎えるさよならの日ですが、病で見送らなくてはいけないのは如何ばかりかと胸が痛みます。その時のお二人のお気持ちを思うと言葉も見つかりません。

ルナちゃんはルナちゃんだけだけど、シュガーちゃんへ導いてくれたのもきっとルナちゃんに違いないのでしょうね。いつか「偶然・奇跡の出会い」のお話も聞かせて下さいね。

お仲間のHPでシュガーちゃんの写真を見せて頂きましたが穏やかそうなお顔ですね♪いつか生シュガーちゃんに会える日を楽しみにしています☆

投稿: Stella | 2006年12月14日 (木) 22:25

シュガーママへ(from nao)

シュガーママのコメントを拝見して、「ぽちたま」のサイトに行って、まさお君の件を確認しました。
とってもショックです。。。。。

投稿: nao | 2006年12月15日 (金) 10:55

すずちゃん、ちっちゃい!!なんてかわいいのかしらん♪
コロコロモコモコ時代って、写真でしか触れられないから貴重ですね(^^)
でも、実際に触ってみたいですよね~
乳歯、ちゃんと残ってるんだ~(・o・)
マックスの乳歯・・・1本もありません(>_<)
ヤツは全てたいらげたと思われます。
だって、まったく発見できませんでしたから・・・

まさお君の件、私もショックでした。
7歳だなんて、早すぎますよね(T_T)
若いだけに病気の進行も早かったのでしょうか。。。


シュガーママさん
私も、シュガーちゃんとの「偶然・奇跡の出会い」聞きたいです!
ぜひいつか聞かせてください!

投稿: わかまし | 2006年12月15日 (金) 14:41

わかましさんへ(from Stella)

あのお転婆すずでもパピーの頃は最高にラブリーでしょう(*^_^*)?こういうの見るとやっぱりもう1頭迎えたくなってしまうでしょう(^_-)~☆

すずの歯は確か1本抜けそうになっているのを発見してからずっと張り付いて集めたような記憶が・・・。しょっちゅう口開けさせてチェックしてた迷惑な飼い主です(^_^;)。

まさお君の件、ショックですね。今日のぽちたまでお知らせがありました。花に囲まれた大きな写真の中のまさおくんは本当に笑っているような笑顔で、一層、胸にせまるものがありました。

心のどこかで我が家にもいつか来る犬たちとの別れを重ね合わせているのかもしれませんね。
「お利口さん」というラブに対する固定観念を覆してくれたまさおくん、虹の橋を渡って思い切り元気に遊んでね。

投稿: Stella | 2006年12月16日 (土) 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっという間に12月 | トップページ | ようこそ、我が家へ »